幸せになる方法-クリアリングセッションVol.73-


2016/10/26

私はクリアリングセッションを通して、

 

人生というくくりにおいて、

 

仕事とプライベートを分けて考えるよりも、

 

人生の一環として、

 

仕事とプライベートは統合して、

 

パフォーマンスは連動している事が、

 

私と目の前の光景と向き合うにつれてだんだんと、繋がってきた。

 

私の内面的メンタルがその光景を創りだしている事が、

 

腑に落ちてきた。

 

 

 

仕事を楽しめてる時は、プライベートも楽しいし、

 

プライベートが楽しい時は、仕事も楽しい。

 

そして、仕事が楽しい時は、

 

楽しい案がどんどん頭に浮かんでくるし、

 

それはプライベートも同じ。

 

ホンマにそうやな、と心から感じている。

 

 

 

全ての目の前は私の内面が現実化しているだけだと。

 

そして、私はもっと幸せになれるし、

 

私の目の前の人たちももっと幸せになれるって、

 

意欲が強く増してきた。

 

よし、もっと挑戦しよう。

 

そして、挑戦することがワクワクしてきた矢先にまたあいつが反応した。

 

 

 

『高い目標を掲げると時間が無くなる。

 

 そして、仕事を喜んでできなくなる。』

 

 

 

こいつが、反応しだして失注が増える。

 

そしてまた、私は『喜び』を心の奥にしまいこもうとした。

 

つまり、

 

『時間が無くなって、仕事が喜んでできなくなる』

 

と、思うことにまだ私はメリットを感じているのだ。

 

なんでそう思うのか・・・

 

・お客様を喜ばすことができない

 

・お役様を喜ばすことより時間が優先

 

・達成できない要因は時間だ

 

・お客様に喜んでもらい楽しいと思うこともあったけど、

 

 早く打ち合わせを終わらせたいと思う

 

 

そんな、ネガティブな思考が、私のポジティブな想像を、

 

いつもブロックし、目の前にはこれらの現実化された光景が、

 

毎度訪れてくる。

 

 

 

『想像が創造する』

 

 

 

私には、『信念』がある。

 

その信念には、私の為が相手の為、相手の為が私の為・・・

 

という、明確な言葉私は心に刻んでいる。

 

メンタルブロックが、忘れさせる。

 

しかし、目の前の光景が良く成る実感は、

 

どんどん増している。

 

 

成長実感も心から実感することができている。

 

完璧はなくてもいい。

 

 

けど、『精進』する楽しさは、よりハッピーになるからこそ、

 

前進したいと今は心から思える。

 

前進する上での、

 

勇気と勇敢さ。

 

そして、

 

信じる強さ。

 

更に、学んでいるこれらの美徳をより大事にしたい。

 

 

 

 

より、幸せな人生を。

 

 

 

 

 

1309238top

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せになる方法-クリアリングセッションVol.72-


2016/10/24

子供を授かり11年。

 

旦那と共働きしてる私は、

 

家事をしながら子供の習い事の送り迎いなど、

 

切り詰めた時間の中で精一杯やってきた。

 

 

 

今私がふと思うことは、とても幸せで在り、

 

子供たちの成長を日々見守る中で、

 

充実感にあふれる毎日を過ごしている。

 

しかし、不思議になることがある。

 

 

 

今、幸せですか?と聞かれると、

 

『はい、幸せです。』と答えられる。

 

自分の事好きですか?と聞かれると、

 

『・・・』と、妙に答えられない私がいる。

 

この2つのやり取りがなんか違和感な私。

 

 

 

ある日、家で犬を飼うことになった。

 

子供たちが、『世話するから、買犬を飼いたい!』と、

 

強く懇願するので、子供たちにとっても、

 

良い経験になるだろうと思い、

 

旦那と相談し飼うことにした。

 

 

 

そして、あるある話なのだろうが、

 

子供があまりにも世話をせず、私が代わりに世話をするみたいな、

 

構図となり、ある日子供たちを叱った。

 

『世話しないなら、犬は返すよ!今から返しに行く!』

 

まー当然子供たちも何やら泣きながら考えている様子。

 

どうすんの??

 

世話するの??しないの??

 

 

 

すると、長男が、

 

『返す。』

 

と。

 

 

私としては、意外な返答だったので、

 

なんで?って聞くと、

 

『犬を飼うと、ママが怒るから。だったら飼いたくない。』

 

なんかこの答えに、妙に考えさせられた私。

 

ママが怒るから、犬は飼いたくない・・・。

 

怒るから・・・。

 

 

振り返れば、よく怒ってる私。

 

怒ってる内容は、

 

サッカー。

 

犬。

 

水泳。

 

これらは、すべてよく言ってくる。

 

『あー、早く辞めたいわー』と。

 

 

 

私は、昔スポーツ万能で、

 

ある程度勉強も出来た。

 

しかし、一つ共通点があるのは、

 

それらの事で、自信に溢れる人を見るのは、何か苦手。

 

自信満々の人を見ると、よく陰で『ナルシストやん』とか思ってた。

 

なんでだろう??

 

1番になったことがないから。

 

それと、

 

お父さんが怖くて家で別に認められることも無かった。

 

 

 

 

結局私は、それらの事で輝いてる人を見て、嫉妬してたんだろう。

 

私は、そうはなれない。

 

いや、正しく言えば、そうなってはならない。

 

そんな、自信に溢れた自分になると、

 

挑戦をした後からのダメージが大きいから。

 

だから、自分の事がめちゃ好きってオーラ出してる人が苦手。

 

なんで、そうなれるの?!とまで、思うことがある。

 

けど、本当は羨んでる私。

 

 

 

私は、私の事好きでなくても、

 

子供たちが幸せであればそれでいい。

 

というのが、それを実現させない私がいるのかもしれない。

 

 

 

子供たちが、自分自身の事を誇りに好きだと思えるように、

 

させたくないと、無意識的ストップを私がさせているのかもしれない。

 

そんな人が嫌だから。

 

つまり、そうなれない私が嫌ってことか。

 

 

 

この二つの質問。

 

子供はどんな反応するだろう??

 

①ママが、『ママも自分の事が大好きだから、

 

 息子や娘にも、自分の事大好きになって欲しいって言ってるけどどう思う?』

 

②ママが、『ママは自分の事は大っ嫌いだけど、

 

 息子や娘には、自分の事大好きになって欲しいって言ってるけどどう思う?』

 

①と②から出るエネルギーはなんか違うね。

 

ということは、受け取る子供も違う反応をするってことだよ。

 

 

 

鏡だよ。

 

ママも息子や娘もお互い幸せに。

 

WIN-WINな家族で在りたい。

 

ママが、ママをもう許してあげて。

 

自分の事好きになっても大丈夫だよ。

 

そこには、

 

沢山の美徳感情をすでに学んでる私がいるから。

 

ママが、自分に気づいてあげて。

 

もっともっと幸せになれるから。

 

 

 

より、幸せな人生を。

 

 

 

dfebeff59c23ce09bad56568436d930d

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せになる方法-クリアリングセッションVol.71-


2016/10/21

私は、心残りの人生を歩んでいると思ってしまう。

 

 

何か一つの事に集中したこと。

 

もしくは、

 

集中が散らばってしまってるとき。

 

 

別にそんなことを冷静に振り返った訳でもなく。

 

何かを決めることに恐れが出てくる私がいる。

 

結局自信がないのか・・・。

 

 

自信が『在る』・『無い』

 

自信が『無い』と自分に決めることは出来るんだね。

 

それは恐れないの??

 

いろんなことを避けて通れたりするから・・・

 

 

その後はどんなイメージ??

 

 

あんまり、イメージしたくないですね(笑)

 

つまり、自信があるなしの話ではなく、

 

ただ、自分に恐れの感情を手放したくないだけだ。

 

だから、思ってしまう。

 

私は、いつも心残りの人生だと思ってしまう。

 

 

『私は、いつも心残りの人生だと思ってしまう』

 

と、自分にレッテルを貼る。(学んでしまっている)

 

なんで??

 

・後悔するから

 

・パッと決めちゃって

 

・早くやりたいし

 

・早く得たいし

 

・安心したいし

 

・不安だし

 

・人生は自分で切り開くもので

 

・自分の人生だから

 

・生を授かったし

 

 

 

後悔の念が邪魔(メンタルブロック)をして、

 

心残りの人生になると不安になり、

 

決めることが怖くて、

 

何かに集中することを恐れ、

 

結局何も決めず打ち込むことから逃げていく私。

 

 

 

人生を振り返り何か一つに集中して、

 

私が手に入れれたことは、冷静に考えれば、

 

習い事やクラブ活動。

 

集中してないときは、どんどん失っていくイメージしかない。

 

だから、すぐよそ見をしたくなる。

 

あ、これは私への正当化だわ・・・。

 

 

 

『強さ』と『勇気』これは私は、

 

学んでいる。

 

一貫してやり抜く熱量を私はすでに学んでいる。

 

そら、仕事のパフォーマンスにも響くわな(笑)

 

 

 

『私は、心残りの人生だ』というレッテルを、

 

『私は、一貫してやり抜く熱量と強さと勇気』を学んでいると、

 

レッテルを書き換えてあげて、人生を承認してあげて。

 

 

何か一つの事に集中しなければならないとか、

 

そんな事ではないと気づくから。

 

 

 

より、幸せな人生を。

 

 

images

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せな人材育成-素直には勇気がいる-


2016/10/19

素直で在り続ける。

 

頭でわかっていても、心はそう中々在り続けてくれなかったりする。

 

素直に人に伝えられたこと、

 

素直に人に教わったこと、

 

素直に受け容れ続けてみる。

 

 

 

が、

 

 

 

年が経つにつれて、受け容れていくことよりも、

 

自分の経験のみで、人の意見を受け容れさせなくなっていったりする。

 

それは社員に対してもエゴを押し付けてしまうような行為へと、

 

切り替わっていく中で、育成がうまくいかないや、

 

中々伝わらないなどと、嘆いてしまうケースが非常に多い。

 

 

 

上司は部下を育て、

 

部下は上司を育てる。

 

つまり、人と人が育まれている自然な状態を、

 

前提に受け容れるか受け容れないかでその、

 

育成だって、質は大きく変わっていく。

 

 

 

頭ではわかる。

 

素直であり続ける大切さ。

 

若い時は、素直を大事にして、

 

成長出来てきた実績がある人もたくさんいると思う。

 

だから、素直さを大切にするってことを頭ではわかる人は、

 

大半居ると思う。

 

 

 

 

素直で在り続けるには『勇気』がいる。

 

素直で在ることに勇気が存在しない時、

 

いつも、『見栄』や『虚勢』や『傲慢さ』、

 

『不安』や『劣等感』などなど、そういう感情が、

 

心を支配する時、素直さはどこかへ飛び立っていってしまう。

 

 

 

 

自分に素直で在り続けるには、

 

『勇気』や『強さ』などの、

 

美徳を自ら学んでる人生であることを、

 

承認として書き換える『許可』を自分にしてあげて欲しい。

 

 

 

素直で在り続けるその『勇気』は、

 

既にあなたは学んだ人生なのかどうなのか。

 

潜在的メンタルブロックで、

 

素直で在ることを許さない自分が、

 

成長機会を知らず知らずに手放してしまわないように。

 

 

 

幸福度の高い企業に。

 

 

p1000733-500x334

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せになる方法-クリアリングセッションVol.70-


2016/10/14

私は、二代目の経営者。

 

 

8年前に、先代から(父親)バトンを受けて、今に至る。

 

会社は製造業で、自分は技術畑で仕事をやってきたわけではなく、

 

むしろ全くの素人である。

 

その素人である私が経営者となり、

 

社員からどう思われているのかや、

 

素人が社長になって大丈夫なのかなど、

 

様々なことを思われているんじゃないかと不安だった。

 

 

 

だから私は、現場を一から知るために、

 

一つ一つ理解をしていくために、

 

話を聞いたり、

 

勉強したりと努力を積んできた。

 

 

 

けど、正直その不安はいつもよぎっている。

 

どう思われてるんだ社員に・・・と。

 

 

 

”絶対”〇〇と思われていそうだ。

 

”絶対”〇〇とか言われてそうだ。

 

などなど・・・

 

 

 

何かと、ネガティブな想像をしいろんなことを、

 

決めつけている私がいた。

 

だから、変なところで強がって、

 

知識を謳歌してみたり、

 

意見を押し付けてしまったり、

 

社員への恐れからか、見栄を張ってその場をしのぐような事も、

 

やってきてるんだろうな。

 

決めつけることで、何かから逃れようとしてるんだ・・・

 

 

 

なんで、『決めつけたい』の?

 

・今までの自分を否定してしまいそう

 

・経験・知識が重要だ

 

・会社において僕の価値そのものだ

 

・他の社員や役員とは違うからそこに価値がある

 

・社員数の数だけ違いがあるんだ

 

・個性があるのは価値、私もその一人だ

 

・個性がなければ人間じゃなくてもいい

 

・一人ひとりの個性が大事なんだ

 

 

 

決めつけたい理由を掘ると、

 

”個性”を出すことが怖い自分がはっきりと見えてきた。

 

個性を出すのが怖いから、経験や知識などで、

 

相手を押し付けてしまったり。

 

個性を隠したい。(恐れから)

 

 

 

中学生まではある程度成績は良かった。

 

しかし、中学生後半から成績は落ちて、

 

ぎりぎり高校は行けたけど、

 

大学はいかなかった。僕は高卒なんだ。

 

そのあたりから、周りの目を気にしている自分がいた。

 

頭が悪い。

 

俺は何をやってもできない。

 

自分になんて何も取柄なんてない。

 

 

 

本当は自分の個性を明確にして、その個性を承認したい・・・

 

 

 

勉強の成績で、周りを気にしだし、

 

俺は何の取柄もないと思い、

 

自信をその時に無くしていた。

 

けど、

 

そのおかげで、

 

探求心やこだわり、個性、尊重、承認、自信、勇気

 

そういった精神性に気づいていた。

 

つまりそれが、何より大事な学びだったんだ。

 

 

 

個性を尊重し、承認し、自信と勇気をもって、

 

深く探求する素晴らしさを学んでいる人生なんだ。

 

 

 

二代目に就任して初めて周りを気にしだしたわけではない。

 

ずっと昔から周りは気にして、自信はなかった。

 

決めつけて自分を守り、自分を隠すことではなく、

 

学んできてる自分自身を大事に大切に、許し、承認してあげる。

 

その美徳はもう、自分には備わっているんだよ。

 

そんな私が、社員とお客様と家族と向き合ったら、

 

どんな光景が目の前に訪れてくるんだろう。

 

 

なんか、ワクワクしてきました。

 

 

 

より、幸せな人生を。

 

14642665_1142843865823331_1105330838_n

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せな人材育成-気づくまで・学ぶまで、その経験を繰り返させてあげる-


2016/10/11

その出来事・経験で何を学びましたか??

 

何を学びますか??

 

学ぶ前に、気づけましたか??

 

それは、ぜーーんぶ、学びなんだよーということに。

 

 

 

自分の人生を見つめる事・向き合うことって、

 

なんて楽しんだろ~。

 

自分の今までの人生を、大事にしたいから、

 

自分の事をもっともっと大切にしてあげられる。

 

どんな経験であってもね。

 

 

 

幸せに幸せに、心を満たしてあげられる。

 

だから、『愛』が溢れてくるんだよ。

 

つまり、だから、目の前の人に愛を捧げられるんだよ。

 

こういう、会社ってこれからの時代強いだろうな~。

 

幸せな育成軸だから。

 

 

 

 

『類は友を呼ぶ』とよく言うけれど、

 

会社の中で、いつも同じ問題が起きるな~と、

 

社長が嘆く時って、自分が自分を許せていないから。

 

だからその光景をいつも、自分にインプットさせる。

 

 

 

遅刻することも。

 

会社に行きたくない社員も。

 

上司が大っ嫌いな社員も。

 

クレームばっかり起こす社員も。

 

話を聞かない社員も。

 

育てる気がない管理職も。

 

気づかない管理職も。

 

主体性に動かない社員も。

 

夢を持たない社員も。

 

理念に共感してくれない社員も。

 

会社の事を考えてくれない社員も。

 

やる気がない社員も。

 

お客様の事を真剣に考えない社員も。

 

自己理解しない社員ばかりだ。

 

 

 

などなど、社長の目の前で起きてるその問題。

 

なんでいつも繰り返してるんだろう。

 

そんな光景が目に入ったら、社長がその社員に質問するのでなく、

 

まず、社長が社長自身に質問してあげてほしい。

 

自問自答ですね。

 

 

 

なんで、私はいつも遅刻するの??

 

なんで、私は主体性に動かないの??

 

なんで、私は理念に共感しないの??

 

なんで、私はやる気がないの??

 

なんで、私はお客様の事を真剣に考えないの??

 

なんで、私は育てる気がないの??

 

なんで、私は私を理解したくないの??

 

 

と。

 

 

 

社長が社長自身に質問すると。

 

自分の人生軸だけで、答えていくと、

 

過去、

 

自分も経験したことあったり、

 

同じ思考回路を持ってたり、

 

された事がめちゃくちゃ嫌で、恨んでる自分がいたり。

 

そんな答えが出てくるよ。

 

自分が自分を許さないから、

 

その光景を許したくない。

 

見たくない。

 

つまり、自分の人生を許さないと言ってるのと同じなんだよ。

 

 

 

人生を大事に大切にする。

 

だから、幸せに自分が自分を満たしてあげる。

 

だから、愛が溢れ、目の前の人に愛を捧げることができる。

 

無条件に。

 

 

 

だんだん器が広がる実感してきたな~~。

 

 

 

それは、学びに気づくから。

 

そんな、育成の習慣が手に入れば、

 

幸福度がどんどん上がる。

 

お客様はそんな会社から買いたくなるんだろうな~。

 

 

 

気づかないなら、学ばないなら。

 

神様は何度でもその経験をさせてくれるだけ。

 

だから、繰り返すだけ^^

 

鏡。

 

 

 

 

幸福度の高い企業に。

 

 

 

03-02

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

人材育成のエキスパートが日々の中小企業経営に役立つ情報をブログでお伝えしております

株式会社NextMessageの代表ブログでは、中小企業の組織育成や事業承継サポートで実績ある代表が、社員様のモチベーションをアップするコツや企業の継続的発展に欠かせないアドバイスを配信しております。
経営者様のお悩みに寄り添うアドバイスから、社員様目線で経営者様に気づきをご提供する内容など、多彩なテーマでお伝えしておりますので、ぜひ日々の人材育成や組織形成にお役立てください。
ブログをご覧いただき、当社の人材育成サポートにご興味をお持ちになられた方や、社員様のモチベーションアップや組織作りのサポートを受けたいという経営者様はお気軽にお問い合わせください。代表をはじめ経験豊富なメンバーが、親身になって現状をカウセリングさせて頂き、組織形成、人材育成コーチングをさせていただきます。

関連記事