幸せな人材育成-鏡と共感性-


2016/08/31

目の前で起きる光景はつまり、『鏡』である。

 

 

共感性という部分は、

 

相手の立場に立つ能力の部分であり、

 

相手の立場に立つことは、自分の立場に立つことにもなる。

 

 

 

上司と部下の関係性の中で、

 

先日こんな話があった。

 

 

『よくこんな、目標も未達なのに軽々と報告できるな!』

 

と、部下のスタンスに嘆く上司。

 

ここに、反応するということは、

 

これは鏡であり、自分にも全く同じ出来事もしくは、

 

よく似た思考パターンが自分にもあるということです。

 

 

自分は昔、未達なのにこんな軽々しいスタンスなんて、

 

とったことない!!そんなこと一度もない!!

 

と、上司は言う。

 

では、さらに掘り下げてみる。

 

幼少期の記憶でそういう時はあった??

 

一つ共通点が幼少期に出てきた。

 

自分が好きで始めたサッカー。

 

そのサッカーをレギュラーはもう無理だと思い、

 

あきらめて、やめた記憶。

 

 

これは昔、親からもそんなやめ方ではなく、

 

最後までやり通しなさい!と言われたが、

 

自分はもういいよ。と思い、こっそり退部した。

 

 

これを、部下への嘆く自分の声に変えてあげる。

 

『よく軽々と、サッカーをあきらめるなんて言えるな!』

 

現象は違っても、

 

現象を引き起こすその思考は自分も持ってるということです。

 

 

その当時の自分の思考を呼び起こして、

 

クリアにしていくことが現実、目の前で起きてる現象を、

 

良くしていくことに繋がっていきます。

 

 

そのうえで、『鏡』であるということを、

 

自分自身が受け容れることから、

 

自身の幸せな成長のスタートとなり、

 

主体性や共感性や知識やスキルなども、

 

身に付き方が全然違ってくるということです。

 

 

 

幸福度の高い企業に。

 

19126_main

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せになる方法-クリアリングセッションVol.49 -


2016/08/30

『私は、何もできない。そんな人生なんだ。』

 

 

挑戦できない自分が、

 

いつも決めることに、怖い想像をしてしまう自分がいる。

 

自分で別に今まで決めてきてないんだろうな。

 

人の顔色ばかり見て、

 

人が離れてくのが怖くて、

 

離れていくとそもそも思っていたし、

 

ただ、それが怖くて、

 

お互い想い合ってて欲しいし、

 

笑っててほしいし、

 

そしたら私もうれしいし、

 

愛されてると感じれる。

 

けど、急にさみしくなる。

 

特別扱いされて、

 

それが、重くて。

 

私は、特別扱いされるような人間ではなく、

 

私は何もできないんだ。

 

 

 

掘れば掘るほど、真相が自分の中から出てくる。

 

前向きに想いを願っても、

 

そのあとの想像はどうせ寂しくなって、

 

相手の想いが重たくなって離れてしまうんだ。

 

 

 

『私が良い願いをしたら良いことなんて何もない』

 

そんなにうまくいくのかな。

 

怖いし。

 

何かを失いそうだし。

 

結果でないし、

 

見たくもない。

 

知らないほうが幸せだ。

 

自分を知らなくていい。

 

自分のせいにしとけばいい。

 

傷つくことなんてなく

 

不幸にもならない。

 

だって、傷つかないから。

 

 

 

親が親族を悪く言ってる光景。

 

なんか、いつも犠牲にして頑張ってるように見える光景。

 

喧嘩して、泣いてる光景も。

 

自分はそれを一歩引いて見てる自分がいた。

 

 

そんな光景を思い出し自分が強く感じ抱いた精神。

 

私は自己愛を持って、

 

自分の幸せと人の幸せの違いを受け容れ、

 

本音で接しながらも優しさで見守る大切さを学んでる私。

 

 

人生通して自分は大切なことを学んでいる。

 

現象だけを恨んでも何も思考は成長しない。

 

むしろ、『恨む』癖がつくだけ。

 

人生を承認してこそ、見えて癒されて感じる想いがある。

 

 

より、幸せな人生を。

 

 

98420d8a71c1468fb8002d3feba4d98f

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せな人材育成-手放してあげる-


2016/08/27

考え方に善も悪も存在はしない。

 

人には様々な価値観がある以上、

 

様々な考え方があって善い。

 

 

 

・主体性になってほしい

 

にもかかわらず、〇〇でなければならないと押し付ける

 

・共感性を持ってほしい

 

にもかかわらず、周り事はええから、先に自分の結果出せ!と。

 

・自分をもっと出していこう!

 

というにもかかわらず、『自分勝手な奴だ!』と。

 

・任せてる

 

というにもかかわらず、『任せられない!』と。

 

などのような矛盾が、現場を迷わせてしまう。

 

 

 

その矛盾が発生するの理由は、すべて自分にある。

 

正当化していることが山積みになればなるほど、

 

きっと企業組織には不満や不信が根付いてしまっている事なんでしょう。

 

 

 

けど、このちょっとした矛盾は社員は気付いてるんです。

 

主体性になってほしいけど、主体性じゃないとこ探しをするのはなぜ?

 

共感性を持ってほしいけど、共感性ないとこ探しをするのはなぜ?

 

自分もっと出してほしいけど、自分勝手なとこ探しするのはなぜ?

 

任せていきたいけど、任せられないとこ探ししてるのはなぜ?

 

 

 

つまり、無意識に組織で悪を創りだしてしまう。

 

それは、恐れからなのか不安からなのか。

 

こんなんだったら倒産するよ・・・。

 

こんなんだったらもう駄目だよ・・・。

 

こんなんだったら業績下がるよ・・・。

 

そういった無意識的にも意識的にも想像してる自分がいて、

 

それを社員にも当てはめて悪をつくる。

 

そして、争いが起きてしまう。

 

 

 

想像した結果、目の前の引き寄せてる現実はいつも自分。

 

自分が、負の想像をするのはなぜなのだろう。

 

幸せに満たされる自分が経営をしていたらどんな想像をまたするのだろう。

 

その想像だけでも会社は変わる。

 

想像する内容はポジティブもネガティブも、因果に関係がある。

 

その、想像の根源を学びを通じて手放してあげる勇気は自己承認から。

 

そこから、幸せな人材育成はまたスタートする。

 

 

幸福度の高い企業に。

 

 

images

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せになる方法-クリアリングセッションVol.48-


2016/08/27

『何かを隠してるような気がする』

 

 

一つのチームユニットとしてバディーで行動することになった。

 

仕事内容は、企業ブランディングの構築コンサル。

 

その仕事を行っていく上で、

 

その経営者の背景に想いや歴史。

 

その人生と直結するその想いを形にするうえで、

 

内面の蓋を開けることは大事になって来ると思ってる。

 

 

 

そんな中、そのバディーを組むことになったメンバーと、

 

目標計画の打合せをするにあたり、

 

自分がイメージするまでのレベルのものは上がってこない。

 

それは、動機や熱量そして、そこに深みが感じられない。

 

そして、計画に血が通っていないというか、

 

本質にも触れていないので、

 

行動もやり切らないんですよね~。

 

もっと向き合って人生に向き合ってほしいというか、

 

なんか、内面に蓋をして、何かを隠してるような気がするんです。

 

 

ちなみに今は、ここを伝えるという事を方向転換して、

 

『日々の行動』をチェックして、一つ一つ積み上げていこうという事しか、

 

伝えていませんが・・・。

 

 

 

ちなみに、あなたはその方に自分の人生の真実を話せているのですか?

 

 

 

いや、そこまでは話してはいないですねー。

 

一概にそれが大事だと思わないし。

 

ん???

 

自分の人生も少し重めなので、

 

聴いても楽しくないと思うし、言わなくていいかなと(^^;

 

それよりもまず、目の前の仕事を着実にこなすことが大事かと今は思う。

 

 

人生と仕事を分離して考える。

 

 

人生は人生。

 

仕事は仕事。

 

つながりはない。と。

 

そうなると、真実の動機はそもそも見えなくなってしまう。

 

なにより、貴社の仕事で大事なのってそれではなかったでしたっけ??

 

 

・・・。

 

 

つまり、ここでも『鏡』が登場していますが、

 

隠してるのは、あなた。

 

内面を隠さなければならないのはあなた。

 

熱量にぶれが出るのもあなた。

 

動機に迷ってるのもあなた。

 

向き合ってないのもあなた。

 

本質にふれてないのもあなた。

 

行動をやり切らないのはあなた。

 

蓋をしてるのは、つまりあなた。

 

その自分の今の弱さを投影して目の前のメンバーを見ているだけ。

 

 

きっと、人生に重いも軽いもない。

 

重んじる。

 

人生はそもそも重くて、命の重みだってある。

 

それが楽しい人生だとかどうとかも、

 

それは相手にどう思われるよりも、

 

自分が自分の人生を、

 

まず、自己承認してあげること。

 

 

 

より、幸せな人生に。

 

 

th_shutterstock_129088694

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せになる方法-クリアリングセッションVol.47-


2016/08/26

クリアリングセッションを重ね、

 

家族との関係性

 

仕事でのメンバーとの関係性

 

何より、自己承認実感が溢れて、

 

良好な状態が形成出来てきた。

 

 

メンタルブロックに気づき、

 

そのブロックの理由をさかのぼる。

 

気付けることが学びへつながり、

 

それが幸せなことと感じれるようになった。

 

 

そんな中、久々に。

 

社内の採用関係でイラッとすることが起きた。

 

つまり、善悪を分けて悪をつくった出来事。

 

 

私は、営業アシスタント。

 

その営業事務で人材採用をする動きがあり、

 

人事に依頼した。

 

その同時に、経理事務での人材採用もする動きがあった。

 

営業事務長の私。

 

経理事務長のAさん。

 

人事担当のBさん。

 

 

募集は、人事担当のBさんが行い、

 

有り難くもまず1名営業事務で応募があった。

 

そのBさんは、私ではなくAさんに声をかけ、

 

面接日程などの調整をしてもらいたいと声をかけた。

 

 

そこで私は・・・

 

営業事務の募集やのになんで私やなくAさんに声かけるんだ。

 

私に声をかけろよ。

 

で、なんでAさん手動のスケジュールに私が合わせないといけないんだ。

 

私は、Bさんに確認した。

 

私『なんで、営業事務の応募なのに私じゃなくAさんに声かけたの?』

 

B『いや、特に深い意味はないけど、2人で話し合って、

 

日程の調整もして、採用につなげてくれと思っただけ。』

 

私『いやいや、営業事務なんだから普通私じゃないですか。』

 

B『ちょっと待って、なんでそんな気を使わないといけないの』

 

私『もういいです』

 

 

さて、本当のところは何にに怒ったのだろう。

 

例えば想像してみて、その人事のBさんの行動が悪でなく、

 

その行動も善だと思うと、怒ることもなかったと思うが、

 

善だった場合どんな未来を創造する?

 

 

私とAさんで話し合って、縁がある人材の方々を採用します。

 

ということは、特に支障はない?

 

ないですね笑

 

 

では、なんで怒らなければいけなかったのか。

 

実は内心『負けたと思った』

 

何を負けたと思ったかというと、

 

Aさんは経営面の仕事もしている。

 

私は現場のアシスタントで、

 

人事のBさんは、だからAさんに声をかけたのだと思う。

 

私は下だからと思った。

 

 

『私は、負けてはならない』

 

・負けてしまうと結局その人だけの意見が通る

 

・皆、その人にYesしか言えなくなる

 

・その人が本当に正しいかどうかなんてわからない

 

・いろんな意見、考えがあって当然

 

・結局人を受け容れていない

 

・承認出来てない

 

・自分に自信が無い

 

・べき論が出来てしまっている

 

・他人を受け容れて曲げられるのが怖い

 

・拒絶される

 

 

深いところで、反応が出ている事に気付く。

 

そして、これは全部『鏡』であることがわかる。

 

例えば、その人の考えが悪だと思う時は、

 

悪い想像を頭でしてしまう。

 

だから、悪にしたい。

 

その悪としてしまう感情を手放してあげる。

 

 

 

『善と悪をわざわざ作るから争いが起きるんだよ。』

 

 

 

今一度、美徳を思い出しながら、

 

学びに気づき、精進しながら

 

どんどん、満たされる自分が存在する。

 

 

 

より、幸せな人生を。

 

 

kouen

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せになる方法-クリアリングセッションVol.46-


2016/08/24

最近私は、クリアリングセッションをしてもらうたびに、

 

だんだんと、

 

『諭すことはあったとしっても、

 

なーんも、怒ることはない。むしろ怒りの感情が無い笑』

 

 

目の前のことはすべてより良い運命に対する幸せへのメッセージだと、

 

自分が受け容れられる実感がある。

 

そして、自分がもっと幸せになってる実感もある。

 

凄くハッピー。

 

私は、営業。

 

ただ一つ。数字に対する部分での『不安』がやっぱりまとう。

 

 

『私は、自分のペースを乱されると不幸になる』

 

・早く帰れなくなる

 

・スケジュール以外の事が起きる恐怖笑

 

・自分のスケジュールが崩される

 

・全部自分でやろうとするから

 

・ダンドリ悪いし、人に依頼する方が時間かかる

 

・信頼してない

 

・私の思ってる通りやってくれるのか

 

・無駄が怖いし、損した気分になる

 

・他責や笑

 

・自分の事しか考えてない

 

 

 

私は、1年目2年目3年目と数字に対して詰められる恐怖と、

 

その瞬間お客様が頭から無くなる罪悪感と、

 

その結果自分を見失う事が多々あり、

 

今思い出そうとしてもあまりキレイな過去ではない。

 

 

結局、『信頼』という言葉が私のブロックになっている。

 

けど、なんか気づいてきてる。

 

チームでやって、依頼することによって周りの人が、

 

輝いていくし、イキイキする事。

 

そして、それによって『協働』が幸せの循環を図るんだとも、

 

気付いてきている。

 

 

3年目までを今振り返ると、

 

信じる気持と、願う気持ち。

 

そして、その器が私に整ってるって思える。

 

私は、信じて願う器あることを学べてる人生なんです。

 

 

よし、喜んで私は下半期の目標を破天荒に掲げてみます☆

 

 

より、幸せな人生を。

 

 

HOxN0zG1PGRtGLxV

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

人材育成のエキスパートが日々の中小企業経営に役立つ情報をブログでお伝えしております

株式会社NextMessageの代表ブログでは、中小企業の組織育成や事業承継サポートで実績ある代表が、社員様のモチベーションをアップするコツや企業の継続的発展に欠かせないアドバイスを配信しております。
経営者様のお悩みに寄り添うアドバイスから、社員様目線で経営者様に気づきをご提供する内容など、多彩なテーマでお伝えしておりますので、ぜひ日々の人材育成や組織形成にお役立てください。
ブログをご覧いただき、当社の人材育成サポートにご興味をお持ちになられた方や、社員様のモチベーションアップや組織作りのサポートを受けたいという経営者様はお気軽にお問い合わせください。代表をはじめ経験豊富なメンバーが、親身になって現状をカウセリングさせて頂き、組織形成、人材育成コーチングをさせていただきます。

関連記事