幸せになる方法-クリアリングセッションVol.75-


2016/11/08

親との確執。

 

形で見える確執。

 

形として見えない確執。

 

うまいことやろうとも確執は確執。

 

見える、見えない関係なく、

 

人にはエネルギーとして伝わるときがある。

 

 

 

親は好き。

 

けど、目の前に立てば嫌いなそぶり。

 

何歳になっても(笑)

 

けど、これにはそれぞれに確かな理由がある。

 

甘えてるだけや!っていう人もいるけど、

 

それはそれで深かったりする。

 

 

 

『親を攻撃し続ける。』

 

それには、親を攻撃しなければならない理由がある。

 

『親を攻撃しなければならい』

 

・困らせたい

 

・自分の事を考えてくれるから

 

・考えざるおえないだろうし

 

・問題になる

 

・面倒を起こすから

 

・起こしたくないけどそれしか方法が見つからない

 

・それしか想像できないし

 

・見てくれてるかなと思う

 

・見てくれてないかもとも思う

 

・止められない

 

・問題と思ってなかった

 

・愛されている

 

・皆、唯一の存在

 

 

 

 

掘り下げれば、いろんな理由が飛び出してくる。

 

つまり、親をずっと振り向かせたい。

 

比べられる人生で、

 

どこかで、『愛されていない』と思っていたのだろう。

 

そして、そんな自分を自分が愛することができない。

 

比べられてると認識してるから、

 

自分は頑張って唯一の存在にならなければならないと、

 

歯を食いしばってたんだと思う。

 

親からすれば、既に唯一の存在なのに。

 

 

 

愛を許せない。

 

存在を許せない。

 

それを、確認するために親を攻撃してきた。

 

いつも子供みたいに(笑)

 

だから、上司にもそういう態度をとってた。

 

唯一の存在になるために。

 

 

 

 

まずは、自分の人生を承認しよう。

 

唯一の存在を生んでくれたことに感謝しよう。

 

自分の存在を許可しないと、

 

この感情の本質には辿り着かない。

 

 

 

 

より、幸せな人生を。

 

 

 

o0500037513335143788

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事