幸せな人材育成-素直には勇気がいる-


2016/10/19

素直で在り続ける。

 

頭でわかっていても、心はそう中々在り続けてくれなかったりする。

 

素直に人に伝えられたこと、

 

素直に人に教わったこと、

 

素直に受け容れ続けてみる。

 

 

 

が、

 

 

 

年が経つにつれて、受け容れていくことよりも、

 

自分の経験のみで、人の意見を受け容れさせなくなっていったりする。

 

それは社員に対してもエゴを押し付けてしまうような行為へと、

 

切り替わっていく中で、育成がうまくいかないや、

 

中々伝わらないなどと、嘆いてしまうケースが非常に多い。

 

 

 

上司は部下を育て、

 

部下は上司を育てる。

 

つまり、人と人が育まれている自然な状態を、

 

前提に受け容れるか受け容れないかでその、

 

育成だって、質は大きく変わっていく。

 

 

 

頭ではわかる。

 

素直であり続ける大切さ。

 

若い時は、素直を大事にして、

 

成長出来てきた実績がある人もたくさんいると思う。

 

だから、素直さを大切にするってことを頭ではわかる人は、

 

大半居ると思う。

 

 

 

 

素直で在り続けるには『勇気』がいる。

 

素直で在ることに勇気が存在しない時、

 

いつも、『見栄』や『虚勢』や『傲慢さ』、

 

『不安』や『劣等感』などなど、そういう感情が、

 

心を支配する時、素直さはどこかへ飛び立っていってしまう。

 

 

 

 

自分に素直で在り続けるには、

 

『勇気』や『強さ』などの、

 

美徳を自ら学んでる人生であることを、

 

承認として書き換える『許可』を自分にしてあげて欲しい。

 

 

 

素直で在り続けるその『勇気』は、

 

既にあなたは学んだ人生なのかどうなのか。

 

潜在的メンタルブロックで、

 

素直で在ることを許さない自分が、

 

成長機会を知らず知らずに手放してしまわないように。

 

 

 

幸福度の高い企業に。

 

 

p1000733-500x334

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事