幸せな人材育成-受け容れて、癒しがあって、前向きになる-


2016/09/05

『まず』、受け容れてみよう。

 

自分のその感情を、不安や恐れから跳ね飛ばすのではなく、

 

『まず』、受け容れてみよう。

 

 

 

入社3年目、A君は、お客様の事について事前準備。

 

けど、わからない。

 

わからないという部分から思考が止まってしまってる。

 

が、わからないと言えば怒られそうとか、

 

考えてないとか、あきらめてるからだとか言われそう。

 

んーー。

 

どうしよう。

 

 

 

そして、上司に相談してみた。

 

そして、少しごまかしてる自分に気づかずに、

 

そして、少し知ったかぶりをしてしまってるのにも気づかずに、

 

『○○ですよね』『○○なんですよね』『だから○○だと思うんです』

 

 

・・・

 

 

支離滅裂な相談の内容になり、

 

そして上司に、、、

 

『ん?で何が相談したいの??』

 

『どうゆうこと?』

 

『言葉の意味が分からない』

 

と、まー予想通り撃沈し、

 

余計に自信がなくなってしまった・・・。

 

 

けど、これは部下のA君がこの光景を創ってしまった。

 

相談の仕方の話とかでは全くなく、

 

『受け容れなかった』から。

 

 

 

事前準備に取り組む際に『わからない』という自分。

 

その『わからない』自分が想像したことは、

 

・怒られそう

 

・考えてないからと、言われそう

 

・あきらめてるからだと言われそう

 

↑※部下のA君がこれを想像してる時点で、考えてないし、あきらめてはいますが^^;

 

ですが、これは『無意識』に本人はスルーしています。

 

 

が、

 

 

自分の想像していることや感情を受け容れてみる。

 

なぜ、わからないのか。

 

なぜ、怒られると思うのか。

 

なぜ、考えてないと言われそうなのか。

 

なぜ、あきらめてると言われそうなのか。

 

 

 

このなぜの部分を、『上司の○○さんが○○だから』と言ってしまいがちですが、

 

これは、非常に浅い理由であり、もっと言えば上司の○○さんがそうでなかったら、

 

私は出来るんだという主張になる。

 

 

 

このなぜの理由は上司との関係性においてそうなったというのは、

 

ほとんどの場合そうではありません。

 

こういう想像するのは今に始まったわけではない。

 

無意識であることが多いが、そこを、

 

意識的にネガティブに想った事も、ポジティブに想った事も、

 

『受け容れて』自分を分析してあげると、

 

たくさんの『癒し』がそこに詰まっている。

 

 

『受け容れて』物事の見方に肯定感が出てくることによって、

 

人生も仕事もパフォーマンスはもちろん変わっていく。

 

 

 

幸福度の高い企業に。

 

 

 

d12e96825e190fd15e76-M

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事