幸せになる方法-クリアリングセッションVol.47-


2016/08/26

クリアリングセッションを重ね、

 

家族との関係性

 

仕事でのメンバーとの関係性

 

何より、自己承認実感が溢れて、

 

良好な状態が形成出来てきた。

 

 

メンタルブロックに気づき、

 

そのブロックの理由をさかのぼる。

 

気付けることが学びへつながり、

 

それが幸せなことと感じれるようになった。

 

 

そんな中、久々に。

 

社内の採用関係でイラッとすることが起きた。

 

つまり、善悪を分けて悪をつくった出来事。

 

 

私は、営業アシスタント。

 

その営業事務で人材採用をする動きがあり、

 

人事に依頼した。

 

その同時に、経理事務での人材採用もする動きがあった。

 

営業事務長の私。

 

経理事務長のAさん。

 

人事担当のBさん。

 

 

募集は、人事担当のBさんが行い、

 

有り難くもまず1名営業事務で応募があった。

 

そのBさんは、私ではなくAさんに声をかけ、

 

面接日程などの調整をしてもらいたいと声をかけた。

 

 

そこで私は・・・

 

営業事務の募集やのになんで私やなくAさんに声かけるんだ。

 

私に声をかけろよ。

 

で、なんでAさん手動のスケジュールに私が合わせないといけないんだ。

 

私は、Bさんに確認した。

 

私『なんで、営業事務の応募なのに私じゃなくAさんに声かけたの?』

 

B『いや、特に深い意味はないけど、2人で話し合って、

 

日程の調整もして、採用につなげてくれと思っただけ。』

 

私『いやいや、営業事務なんだから普通私じゃないですか。』

 

B『ちょっと待って、なんでそんな気を使わないといけないの』

 

私『もういいです』

 

 

さて、本当のところは何にに怒ったのだろう。

 

例えば想像してみて、その人事のBさんの行動が悪でなく、

 

その行動も善だと思うと、怒ることもなかったと思うが、

 

善だった場合どんな未来を創造する?

 

 

私とAさんで話し合って、縁がある人材の方々を採用します。

 

ということは、特に支障はない?

 

ないですね笑

 

 

では、なんで怒らなければいけなかったのか。

 

実は内心『負けたと思った』

 

何を負けたと思ったかというと、

 

Aさんは経営面の仕事もしている。

 

私は現場のアシスタントで、

 

人事のBさんは、だからAさんに声をかけたのだと思う。

 

私は下だからと思った。

 

 

『私は、負けてはならない』

 

・負けてしまうと結局その人だけの意見が通る

 

・皆、その人にYesしか言えなくなる

 

・その人が本当に正しいかどうかなんてわからない

 

・いろんな意見、考えがあって当然

 

・結局人を受け容れていない

 

・承認出来てない

 

・自分に自信が無い

 

・べき論が出来てしまっている

 

・他人を受け容れて曲げられるのが怖い

 

・拒絶される

 

 

深いところで、反応が出ている事に気付く。

 

そして、これは全部『鏡』であることがわかる。

 

例えば、その人の考えが悪だと思う時は、

 

悪い想像を頭でしてしまう。

 

だから、悪にしたい。

 

その悪としてしまう感情を手放してあげる。

 

 

 

『善と悪をわざわざ作るから争いが起きるんだよ。』

 

 

 

今一度、美徳を思い出しながら、

 

学びに気づき、精進しながら

 

どんどん、満たされる自分が存在する。

 

 

 

より、幸せな人生を。

 

 

kouen

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事