幸せな人事評価制度-降格できない上司が社員を路頭に迷わす-


2016/07/25

給与を下げにくい。

 

つまり、それは『評価をしていない』ってこと。

 

目標に対する成果や、

 

役割に対する成果など、

 

全うできていない。

 

その状況について、事実と相対的な視点を入れると、

 

正当な評価はできなくなる。

 

 

例えば・・・

 

『けどさ、A君もA君で頑張ってるし』

 

『Bさんはさ、立ち上げから一緒で創業を共にしてきたんだよ』

 

『C君はさ、結果は出てないけど普段はさ・・・』

 

『D君は最近結婚したばかりだから・・・』

 

 

社長や評価者の方とよくこの会話しますあせる

 

この、情が入って評価をするってことって、

 

 

『平等という名の不平等』なんです。

 

 

優秀な人材から辞めていくんだよね・・・。

 

そらそうです。

 

結果も出してくれてる人財の給与よりも、

 

そうじゃない子を救おうとしてばかりですから。

 

はっきり言えることは、

 

正当な評価の際に、『育成をする』事が目的で、

 

給与を上げるも下げるもできないなら、

 

それは評価者として失格。

 

降格ができないならそれは失格です。

 

 

昇格も育成。

 

 

降格も育成。

 

本当に人材を育成するというのは、

 

正当かつ適切な人事制度を導入することです。

 

昇格はできるが、

 

降格をできない上司が、

 

社員を路頭に迷わすことになる。

 

 

幸福度の高い企業に。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事