知れば知るほど深い!「内観」と「ヨガ」との密接な関係性


2017/11/24

こんにちは!

本日は今井がお送りさせて頂きます!

 

ヨガをされている方、いらっしゃいますか?

されていない方でも、きっとヨガという言葉やどのようなことをするかは知っている方が

ほとんどではないでしょうか(^^)

 

私もヨガを始めて11ヶ月ほどが経ちました!

最初の頃は、ポーズを覚えるのも、

ちゃんとこのポーズであっているのかもわからなかったり、

ポーズがきついと感じたりと、

あたふたしながらヨガをしていました。懐かしいです。笑

 

今日はヨガと内観についてお伝えさせて頂きます!

 

■ヨガのポーズで、自身を内観

 

ヨガは呼吸がとても大切です。

ゆっくり吸ってゆっくり吐く。

その呼吸を繰り返りながら、呼吸に合わせてポーズをとります。

 

ヨガの先生から、

 

「自分自身の呼吸を感じて~。」

「背骨を一つ一つ積み上げるように伸ばしていきましょう。」

「奥歯のかみしめをほどいて~。」

 

など、

声がかかるのですが、その度に「はっ!」とする自分がいます。

そう言われることで、

自分自身の身体に意識を向け、イメージに合わせて体を動かそうとするのですが、

その時に、「あ、ここ固くなってる。」や「このポーズできるようになった!」と

自分と向き合うので、日々の自分の現状を知ることが出来ます。

 

寒い日にヨガに行くと、

身体が冷えているので汗をかくのにも時間がかかったり、

身体が固くなっていることにも気づきやすいのですが、

ヨガをするたびに、

自分自身と向き合い、自分自身の小さな変化に気づいたり、自分を承認することが出来るのです。

 

最後には、

「今日もレッスンを頑張ってくれた体に感謝をしましょう。」

と、手を合わせるのですが、

日々の中でこのように身体に感謝をする機会ってあまりないんですよね。

 

確かにヨガが出来ることって当たり前じゃないよな~。と、

当たり前にこそ感謝をしようと思いました。

 

■内観を続けることで、物事の視野が広がる

 

普段生活している中で、

自分の呼吸を意識することってほとんどないですよね。

 

しかし、

意識してみると意外とゆっくり吸ったり、吐いたりすることが難しいと感じたり。

呼吸をしているだけなのにしんどいと感じたりします。

そして、

呼吸を意識するだけで、気分がリラックスしたり、汗がいつもより多く出ることを感じたり、

呼吸が体内をめぐっているのを感じたり。と

 

意識をすることでいつも見ていた世界とまた違う世界が広がるのです。

 

それをしれるからこそ、

“もっと”が出てくるな感じました!

 

■日頃からの心がけによって、さらに内観が上達する

 

内観も同じです。

自分自身の中に在る“当たり前”にこそ、自分自身の価値観が詰まっています。

 

“在る”ものに気づき“在る”ことに感謝をする。

 

これだけでも見える世界は変わっていきます。

変化が見えるから。

 

その変化に気づき、変化を楽しんでみてください!(^^)

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみに!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

生まれてきた使命を感じるためには、どうすればいいの?コーチングのプロが教える「内観」のポイント


2017/11/20

こんばんは!

本日は今井がお送りさせて頂きます!

 

「あなたの使命とは何ですか?」

と、聞かれるとあなたは何と答えますか?

 

“そもそも使命ってなに!?”

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

本日のブログは、

一緒に皆様も自分自身のことを考えながら(内観)読んでいただけると嬉しいです(^^)

 

■「使命」とは一体何なのか?

 

“何に命を使いますか?”

ということです。

 

全ての人間に必ず訪れるのは“死”です。

自分自身が生きているこの人生という名の時間を、

あなたは何に使いますか?

 

■誰にでも、この世で果たすべき役割がある。

 

自分自身が使命を持ち、

この世で果たす役割とは一体何でしょうか?

 

自分自身が使命を持ち、

この世で果たし“たい”役割とは一体何でしょうか?

 

“すべき”ものは“したい”ことをから生まれます。

自分自身のしたい中にすべきは眠っているのです。

 

では、

そもそも自分は“何がしたい”のでしょうか?

 

そして、

なぜそれを“したい”と思える自分がいるのでしょうか?

 

何よりその役割に”気づく”事が大切なのです(^^)

 

 

■自己を内観し続け、使命に生ききる大切さ

 

今、このブログを読んで頂きながら考えてくださった方。

すでにもう内観をしていっている状態になっているのですが、

何かぼんやり見えてきたものはありますでしょうか?

 

使命とは、誰が決めたものです、定めたものではありません。

自分自身が決めることなのです。

 

自分自身が今まで生きてきた中で培ってきた経験や価値観。

 

湧き上がるような喜びを感じたことも

この時間が永遠に続けばいいのにと思えるくらい幸せなことも

“したい!”と思うことに全力で向き合ったことも

思い出したくないような嫌な想いをしたことも

誰かを傷つけてしまったことも

失敗したと思ったことも

涙が枯れるくらい泣いたことも

 

たくさんあるから、今があります。

全ての出来事は、自分自身が引き起こし。

全ての出来事は、自分自身が自分自身に学びを気づかせようとして起きる出来事です。

 

「いろんなことがあったよね。だからこそ、こんなことが学べたよね。そんな自分が好きだし、今が幸せ。だから、もっと幸せになりたいんだ。」

 

内観するから気づける自分自身の本当の想い。

是非、耳を傾けてあげてみてください。

 

使命は、あなた自身の中にあり、あなたが決めることです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

次回もお楽しみに!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーチングのプロに学ぶ「鏡の法則」取り入れたら何が変わる?


2017/11/17

こんばんは!

本日は今井がお送りさせて頂きます!

 

「鏡の法則」ってよく聞きますよね。

一体鏡の法則とは、何なのでしょうか?(^^)

 

■「鏡の法則」って何?

 

わかりやすい部分で言うと、

相手が不機嫌な顔をしているように見え「なんだこいつ。」と、思ったとき

実は自分が不機嫌な顔をしているのを見て、相手も同じようなことを想っていた。

 

これも、鏡の法則です。

 

しかし、もっと深いところに鏡の法則は在るのです。

 

例えば、「自分の苦手な人ってどんな人ですか~?」と聞かれた時、どのような人を思い浮かべますか?

 

・決めつけて言ってくる人

・時間にルーズな人

・自分の話ばかりする人

・なんか偉そうな人

・相手の気持ちを考えない人

 

等々、それぞれに在ると思います。

そういう人と対峙した時、貴方の内面では何かしらの“反応”が起きます。

 

「うわ~。嫌だな。」「うわ~。苦手だな。」等々。

 

なぜ、自分はそういう人が嫌なんだろう?

と過去を振り返ったときに、

 

・それが嫌だと思うようになった出来事

・自分自身がそれをしたこと

 

があるのです。

その時の過去の自分、好きですか??

 

その自分を自分自身が嫌だと思っているからこそ、

そのような人を引き寄せたときに反応をします。

 

過去の自分を見ているようで。

 

その自分から、ちゃんと自分は学びを受け取れているのか?

その当時の自分を、ちゃんと承認し、学びを受け取れていないからこそ、

目の前の光景として、その頃の自分を相手は映し出してくれているのです。

 

これは、同時に相手の内面でも起きていることです。

 

なので、

この鏡の法則というものは、

“お互いの内面が反射をし合って、目の前の光景として訪れること”

なのです。

 

■目の前の環境は自分が映し出したもの

 

フラットな自分でいるときに、同じような事象が起きても反応はしないのですが、

自分自身の状態が良くない時ほど、その事象が許せなく感じてしまうものなのです。

 

目の前の光景は全て、自分のめがねで見ているので、

全て自分が創り出している光景なのです。

 

許せなくなることや、反応することそれ自体が

「ダメですよー!!」

ということでは全くありません(^^)

 

「なんで自分はそれに反応するんだろう?」が大切です!

 

目の前の光景は全て、自分のめがねを通して見ているからこそ、

“なんでだろう?”の内観をしてみて頂きたいです!

(内観に関しては⇒こちら!)

 

勝手に×や〇をつけているのは自分自身であり、

その価値観はあなたにしかない特別なものだからです。

 

自分の心の声、そして、過去の自分の声に耳を傾けてみてください。

 

■自分が変わることで、「鏡」の環境も変わる

 

そして、きちんと当時の自分や、その価値観が芽生えた出来事から、きちんと学びを受け取ってみてください。

 

その学びを受け取り、その学びを意識して目の前の光景を見てみてください。

目の前の光景の良い変化に気づくことが出来ます。

 

今まではむかつくって思っていたけど、

学びを意識して同じ事象を見たときに、

「あぁもしかしたらこの人は、本当はこういうことが伝えたいんじゃないかな?」

や、

「あぁもしかしたらこの人は、自分が想っているよりも人のことを想って行動してくれていたんだろうな。」

など、自分自身の見方に変化が訪れます。

 

これが、

自分の徳が目の前に引き寄せた光景であり、プラスの鏡の法則になっていくのです。

 

自分の内面で徳を意識し、

プラスの鏡の法則を使って、目の前の光景に良い変化をもたらせていきましょう!

 

きっと、あなたの世界が良い方向へ変化していきますよ(^^)

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

次回もお楽しみに!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「愚痴」が多い人の「共通点」はここにあった!周囲を喜ばせる「愚痴」とは?


2017/11/15

本日は瀬戸口より^^

みなさまにも身近にある“愚痴”についてお送りさせていただきます!

 

■「愚痴」が多い人の共通点

 

【愚痴を言う人】についてどのように思っていますか?

 

あ~、いるいる!と頭に浮かぶ顔があるかもしれませんね。

『愚痴が多い』人は、ものごとを“鏡”としてとらえていない傾向があります。

 

例えば、

仕事終わりに入った居酒屋。

ビールを片手に「あいつら、愚痴ばっか言いやがってイライラするんだよね・・・」

と、飲み屋でこぼしています。

 

客観的に見てみると、

愚痴を言う周りを愚痴っている自分・・・

という構図。

あなたにも心当たりはありませんか?

 

愚痴は、自分の“鏡”であることがほとんどなのです。

 

 

■なぜ「愚痴」が出てしまうのか?

 

では、なぜ愚痴は出てしまうのでしょうか?

 

そもそも愚痴とは、

『愚痴』

[名]言ってもしかたのないことを言って嘆くこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

という意味があります。

 

つまり、言ってもしかたのないこと・・・

という風に捉えた(インプットした)物事を、

愚痴として、アウトプットしているのです。

 

人は、インプットとアウトプットのサイクルを繰り返す生き物です。

アウトプットせずに自分の中に溜てしまうばかりでは、

どこかでひずみ(心身の病などとして)が出てしまうこともあります。

 

愚痴は必ずしも“悪い”ものではありません。

インプットが形として出てきたにすぎないのです。

つまり、愚痴は改善のヒントであることも忘れてはいけません。

 

■「愚痴を言わないようにしよう」とするのでなく、内面を磨く努力をしよう。

 

愚痴は“悪い”ものではないと述べましたが、

できれば愚痴は言わずにいたい・・・

と思う人も多いのではないでしょうか。

 

そういう方は、

アウトプットを変えようとするのではなく、

インプットを変える努力をしていきましょう。

 

「愚痴」を言いたくなれば言ってしまえばいいのです。

 

 

しかし、ものごとに対する捉え方(インプット)が変われば、

自然と愚痴が出てこなくなる自分。

あるいは、気にならなくなる自分。

在りたい姿へと、近づいていくことができるでしょう。

 

ふと立ち止まって、

「あれ、なんで出来ないと思ったんだろう?」

「今、イライラしているのはなんでだろう?」

 

自然な内側の声に耳を傾け、

人格を磨いていくことで周囲を喜ばせる自分へ!

 

参考になれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました^^!

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

自分の器を大きくしたい方、必見!「器」を大きくする方法教えます!


2017/11/09

こんばんは。
本日は瀬戸口よりお届けさせていただきます。

 

今回のテーマは「器」について。
もちろん、食器ではなく“心の器”についてお話させていただきます!

 

 

「器」とは具体的に何なのか?

あなたは、自身の“器”をどう思っていますか?

部下の小さなミスを思いっきり叱ってしまった・・・
些細なことで旦那に八つ当たりしてしまった・・・
約束をドタキャンされてイライラしてしまった・・・

 

「あー、私(俺)って器小さいな~・・・」
なんて思ったこと、誰でも一度や二度はあるのではないでしょうか?

 

“器”というのは目に見えるものではありません。
しかし、先ほどの例のように器が小さいな~と思ったり、
一方で、自分がミスをしたことを笑って許してくれる相手に
「なんて器の大きい人だ!」と思ったりすることもあるように、
心の器の存在を、ヒトは感じることができます。

 

器用や、器量という言葉もあるように、まさに心の器なのでしょう。

私は、器というものは人によって形は違えど、いろんな器があると思っています。

その器に何が入っているのか?

 

心の器には、いろいろな感情や、精神性、徳が入っているのです。

 

例えば、心の器にたくさんの愛情が入っていたなら、
その人は愛情溢れる人になるでしょう。
例えば、心の器にたくさんの憎しみの感情が入っていたなら、
その人は憎しみ続ける人になるでしょう。

 

大切なのは、器の大きさではなく何が入っているのか?なのです。

 

 

「徳」を積むこと

 

もっと幸せになりたい。成長したい。
という気持ちがあるのであれば、「徳」を積むことが大切です。

 

「徳」を積むって、、、
ゴミ拾いをしたり?
ありがとうをたくさんもらえるように行動したり?

 

それも素敵なことですが、
「徳」を積むということは、
自分の器に入っている精神性を磨くことです。

 

不安や焦り、虚栄心などが器を占めているときは、
人はなかなか思うようにパフォーマンスを発揮しません。
安心や誇り、幸せな気持ちなどたくさんの美しい徳で器をいっぱいにしてあげましょう。

 

見えない陰の行動が自身の器を大きくさせる

 

あなたの行動を起こさせる原点のすべては、
目には見えない動機(心の器の中)にあります。

 

あなたの器が、
小さくなっているとき、
そのほとんどは自分の器に入っているものが
偏った物事の見方をつくり出してしまっているときです。

 

不安で器がいっぱいのとき、
そんなときは些細なことでも不安に感じてしまったり、

 

虚栄心でいっぱいのとき、
そんなときはイライラするような出来事が目の前にとくさん訪れるのです。

 

目には見えない心の“器”ですが、
心の中で感じていること、どんなものが入っているか?

 

それは、あなた自身が感じることができるものです。
“器”の中身(内側の心の声)に耳を傾け、

 

徳を積んでいくことで、世界はより輝きはじめます!

お読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

周囲に「感謝」することで「引き寄せの法則」が加速するワケ


2017/11/07

こんばんは!

本日は今井がお送りさせて頂きます!

 

「引き寄せの法則」聞いたことがない方はいらっしゃらないのではないでしょうか?

本日は「引き寄せの法則」について、お伝えします!

 

■「引き寄せの法則」は欲しいものだけにフォーカスするものではない

 

先日友人の結婚式の二次会でビンゴゲームがありまして、

一等賞は“ディズニーペアチケット”でした。

 

実は、私は二次会でのゲームで外れたことがありません。

毎回何かを当てています。笑

 

他の方がビンゴになっていく中、

「ディズニー当たるのは私やから、焦らんでも大丈夫。」

と思いながらお酒を飲んでいました。

すると、最後の最後に大逆転で、見事当たりました!

 

「うわ~やっぱ引き寄せたわ~!」と自画自賛。笑

 

このように良いことが起きたときは、

自分自身が引き寄せたと思えやすいですよね!

「うわ!ツイてる!」などなど(^^)

 

しかし、大事なのは実はその反対だったりします。

 

「うわ~最悪。」「なんでこんなこと起きるの…。」「ツイてない。」

等々、良い感情ではない時、

なぜ、引き寄せたと思いますか?

 

「これが悪かった。」

「あの人がこういった。」

「準備不足だった。」

「こう言ってたのに。」

 

等々、様々出てくると思います。

 

もう一度聞きます。

 

なぜ、その光景を引き寄せましたか?

 

人間は賢いので、意味のないことは起こさないのです。

 

「なんで引き寄せたのだろう?」

「自分の何が引き寄せたのだろう?」

と考えることで、

その出来事による学びに気づけます。

 

■自分自身の周囲に感謝すること

 

そして、大事になってくるのが“感謝”です。

 

起きた出来事に対して、心から感謝できますか?

 

学びに気づけた人は、この出来事が起きた意味を理解するので、

感謝ができます。

 

感謝ができて初めて本当の意味で学びを受け取ることができます。

 

その出来事を起こしてくれた人、環境、そばにいてくれた人

自分が引き寄せた光景に関わっている全てのものに感謝、できていますか?

 

■「引き寄せの法則」の効果とは?

 

このように、良いことも悪いことも、自分が引き寄せたという風に捉え、

更に、「自分のこれが引き寄せたんだ!」という思考の習慣がつくと、

どのような時に良い光景を引き寄せ、

どのような時に良くない光景を引き寄せるのかという自分自身の思考の癖を知ることができます。

 

そうすることで、今よりもっと、良い光景を引き寄せられ続けるようになります。

 

自分自身の思考を知るからこそ、自ら良い循環を生み出すことができますね(^^)

 

是非、皆様も試しにやってみてください!

(トレーニングの詳細はこちら!)

 

このトレーニングを続けていくと、

目の前の光景が手に取るようにわかってくるようになるので、内観がより、楽しくなりますよ!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

次回もお楽しみに!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

中小企業の人材育成のプロとして活躍するメンバーが日々のコーチングやセミナーの様子をご紹介しております

株式会社NextMessageのメンバーブログでは、コーチングをご依頼いただいた中小企業様の合宿セミナーの様子や毎月の勉強会、クレドトレーニングなどのコーチング模様をご紹介しております。
当社の人材育成プログラムがどのように行われているか、写真と共にご確認いただけますので、ぜひご覧いただき、ご相談にあたっての参考材料になさってください。
専門知識と豊富な経験を持つメンバーは、ご依頼いただいた中小企業様に出向いて、経営者様をはじめ、社員様のモチベーションアップや強い組織作りのためのサポートをいたしております。また、働き方への意識が大きく変わったと評判の1泊2日の合宿セミナーでは、親身でキメ細やかなサポートをご提供いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事