部下のやる気を引き出すためにできること


2017/07/12

こんばんは!

本日は、瀬戸口より『部下のやる気を引き出すためにできること』というテーマで

お届けさせていただきます!

 

経営者の皆様をはじめとし、管理職、リーダーの皆様とお話する機会が多くありますが、

『部下の育成』については、どの企業でも共通して悩みの種となっている一つ。

 

経営の三大資源といわれるヒト・モノ・カネ。

特に、ヒトの成長は、組織の成長にそのまま直結していくものです。

 

 

部下は何を考えているのか?

 

育成する側の皆様からよくお聞きすることとしては、

 

・報告がない、相談がない

・言われたことを期限内にやらない

・自己主張が強く言っても聞かない

・気が利かない

 

というようなお声が多くあります。

上司の目から部下を見ると

言っても、言っても、改善されない状態を見て、

「何を考えているのか分からない!」と腹立たしく思うことも多いのではないでしょうか。

「何を考えているか分からない!」と思っている時、

実は、上司であるあなたが感情的になっており、

相手の気持ち考える余裕がなくなっていることが多くあります。

分からない!のではなくて、実は“分かりたくない”のかもしれません。

 

冷静になって

客観的になってイメージしてみてください。

部下に心を寄せてみたときに、

あなたの部下は、日々何を考えているのでしょうか?

 

上司のサポートの大切さ

 

部下の育成は、上司のサポートが非常に重要です。

 

サポートといっても、

業務を手伝ってあげたり、やり方を教えてあげたり、分かりやすいよう指示出しをしてあげたり、というようなことだけではありません。

 

どんなサポートが重要なのか?

 

それは、“動機の成長”のサポートです。

働く動機は人それぞれです。

 

 

この動機に善悪はありません。

上司は部下の動機を知り、いかに成長させていくかを考えていくことが大切なのです。

 

初めは何をやっていいのか分からずやらされ感だった仕事が、

できるようになると、もっとお客様のためになりたい!と意欲が湧いてくる。

その中でその人にある強みが出てくるでしょう。

強みを活かし、挑戦的な仕事を任せると、もっと大きな提案をしたい!や、リーダーになりたい!と動機が自然と成長していきます。これが次第に仕事のパフォーマンスを高め、

さらには“働く幸せ”にも繋がってくるのです。

 

さて、もう一度冷静になって部下の気持ちを理解してみましょう。

今、あなたの部下は、どんな“動機”で働いていますか?

動機が見えてくると、どういったサポートがいいのか、というのが見えてくるでしょう。

 

 

部下の主体的行動を生み出すためには何が必要か?

 

部下の主体的行動を生み出すには、

先ほどもお伝えした通り“動機の成長”が必要です。

 

動機が成長すると、人は自然とそれに応じた知識やスキルを自発的に身に付けようとします。

「これがやりたい!」「あれを実現したい!」

ということばかりが動機というわけではありません。

 

「言われたからやる」「負けたくないから頑張る」ということも動機です。

 

①何を動機に日々、過ごしているのか?

②そして、これからどう在りたいのか?

 

部下とのコミュニケーションにおいては、

この2点を意識することで、より本質的な成長を生み、

やる気を引き出していくことができるようになります!

 

お読みいただき、ありがとうございました^^

 

こちらの記事は 瀬戸口 梨夏 が担当しました!

(プロフィールは こちら )

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

離職=悪。ではない。取り組むべき「離職対策」とは?


2017/06/15

こんばんは!

 

本日は、瀬戸口より“離職”をテーマにお送りさせていただきます!

題して、離職=悪。ではない。取り組むべき「離職対策」とは?

 

離職はマイナスではない!

 

離職というと、なんとなくマイナスなイメージを持つ人は多いのではないでしょうか?

 

働く本人に根性がないのか?やる気がなかったのか?

それとも、もしかして勤めていた会社がブラック・・・?

 

日本では、古くから『終身雇用制度』という日本独特の慣行があり、

仕事は、“同じ企業で定年まで働くことが良い”ということが世間一般的なイメージとして広まってきました。

しかし、離職は必ずしもマイナスということではありません。

 

もしかすると、キャリアのステップアップ。

もしかすると、自分自身の能力を最大限活かす仕事。

 

その離職は、人生の“幸せへの決断” でもある場合もあるのです。

 

 

まず実践できる「離職対策」

 

とはいえ、離職していく理由は様々です。

その多くは、

・労働時間(残業)が長い

・給与が少ない

・福利厚生(休みが取りづらい)

 

など、待遇面においてを理由に会社を去っていくパターンです。

では、労働時間を短くすれば離職はなくなるでしょうか?

給与を上げれば離職はなくなるでしょうか?

残念ながら、労働時間を短くしても給与を上げても離職がなくなることはほとんどありません。

 

illust3793

 

 

それは、「労働時間が長い」「給与が低い」ということが、

本質的な理由ではないからです。

 

「労働時間が長い」ということを不満に感じるのはなぜでしょう・・・・?

・家族と過ごせる時間がない。

・自由な自分の時間がない。

・仕事が楽しくない。

・成長実感がない。

 

また、「給与が低い」ということを不満に感じるのはなぜでしょう・・・?

・贅沢をする余裕がない。

・家族に好きなことをさせてあげることができない。

・自己投資できない。

・やりたいことができない。

 

つまり、“無い”状態であることがほとんどです。

無い状態に目が向くのは、自分の現状に満たされていないと感じ、

どんどん“無い”ものが目につくようになっていきます。

 

つまり、「労働時間が長い」という理由で辞める場合でも、

そこに目が向くようになる最初のスタートは、

仲間への劣等感や、上司からの承認欲求、

成長実感のなさや、仕事を楽しいと感じないといった

目に見えない内面的要因からはじまっています。

 

しかも、その“本質的な理由”は、辞める本人ですらも気づいていないこともあるのです。

気づいていない本人は、例え転職しても同じことを繰り返すのです。

 

では、どうしたらこのような離職を防ぐことができるのでしょうか?

 

それはズバリ!相手の『動機を知る』ことです。

 

「離職対策」で人材を守る

離職対策として、『動機を知る』ということを紹介させていただきましたが、

実は、この『動機を知る』ことで人材を守り、活かすことにもなります。

 

(動機についての重要性は こちら をご覧ください!)

 

 

人の動機というのは、行動の目的になります。

 

何の為にやっていることなのか?

何の為に働いているのか?

何の為に生きているのか?

 

まずは、今の動機を知ることです。

 

意識をしなければ動機は忘れられ、

動機を見失っていきます。

 

常に動機に目を向け続け、動機を問い続けることが、

「労働時間が長い」「給与が低い」といったマイナスな離職を止めていくポイントになります。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!

 

こちらの記事は 瀬戸口 梨夏 が担当しました!

(プロフィールは こちら )

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

ブログバナー

「習慣化」が人生を好転させる?習慣化のコツ


2017/04/25

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

 

本日は瀬戸口より

「習慣化」をテーマにお届けさせていただきます!

 

習慣と言えば、イチローが有名ですね。

また、スティーブジョブズも朝の習慣や、

様々な決まったルーチンを持っていたとか。

成功者の成功要因は「それぞれの“習慣”に在り」と語る偉人も多く、

参考にしている方も多いのではないでしょうか?

 

 

簡単なようで難しい「習慣化」

 

「経済についての知識が足りない…。

毎朝、30分早く出社して新聞を読もう!」

 

「年末年始に不摂生で太ってしまった…。

今日からしばらくお昼はサラダチキンにしよう!」

 

「営業で売上目標を達成したい!

ロープレを週に2回実施しよう!」

 

自分の足りないものを補おうとするときや、

達成したい目標にへの挑戦に対して、

習慣的な取り組みを決めることを解決策とした経験はありませんか?

 

私自身もこれまで

早めに出社をして本を読むことや、

寝る前には必ずストレッチをすること、

毎日、決まった時間に起きること、

エトセトラ、エトセトラ、、、

様々なことを習慣にしよう!と、決めてきました。

決めたことを頑張って取り組み、

良い成果が出たものもありますが、

 

実際のところは、決めてもなかなか続かず、

道半ばで挫折してしまったものが数知れず。

 

続ければ、解決されそう!良くなりそう!

と、頭で分かっていながらも『習慣化する』ということは、

なかなか難しいものです。

 

 

そもそも、「習慣化」することで何が変わる?

 

このような言葉を一度は聞いたことがありませんか?

―――――――――――――――――――――――――――

心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

運命が変われば人生が変わる。

‐ ウィリアム・ジェイムズ

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

–   マザー・テレサ

―――――――――――――――――――――――――――

 

習慣を変えるということは、自分自身(人格)を変えること。

そして、さらには運命・人生を変えるということだと、

ウィリアム・ジェイムズとマザー・テレサは、言います。

 

それでは、どのようにして習慣化していけばいいのでしょうか?

 

先ほどのウィリアム・ジェイムズと

マザー・テレサの言葉の前半部を紐解いてみましょう。

 

『心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。』

 

裏を返してみると、習慣を変えるには行動から。

行動を変えるには、心からということです。

 

 

『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。』

 

裏を返してみると、習慣は行動から。

行動は言葉から。そして、言葉は思考からということです。

 

 

つまり、【自分自身の内面性(心・思考)】から

習慣化はスタートしているのです!!

 

では、分かりやすく私自身のことを振り返ってみましょう。

 

<パターン1>

年末年始で3キロも太った!

こんな自分じゃダメだ!最悪だ!

痩せなければ…

ダイエットをしよう

食べちゃダメだ、食べちゃダメだ……

我慢……

イライラ イライラ

もう無理だ!!!!!(食べる)

 

⇒はい。よくある私の日常の光景です。笑

この場合の思考は『こんな自分じゃダメだ!最悪だ!』という

太った自分を否定し、痩せなければと自分を抑制することからスタートしています。

抑制しようとすればするほど、反発してしまい習慣化に失敗したパターンです。

 

 

 

 

<パターン2>

営業の目標を達成したい。

自分には、経験が足りないからもっとやらなければ!

毎日ロープレをしよう!

自分一人ではサボってしまうから、協力をお願いしよう。

毎日続いたし、力もついた!営業成績もあがった!

成長するには毎日ロープレに限る、みんなにやらせよう!

 

⇒習慣化に成功したパターンですね!

サボる自分をどうにか継続させようと協力を要請し、習慣化しました。

一件良い例に見えますが、最後の文に注目『みんなにやらせよう!』。

実は、自分の成功パターンは、相手にもさせたくなる(エゴ)になりやすいのです。

エゴマネジメントは、知らずの内に相手を苦しめてしまうことがあります。

 

 

【自分自身の内面性(心・思考)】では、

自己否定的に初めた行動は、習慣になる前に実施されなくなるか、

習慣化したとしても、成功パターンがエゴとなり相手の人格を傷つけることがあります。

 

まずは大切なことは、自己承認をすることです。

 

自己承認というのは、簡単に言うと、

「自分のこと好きですか?」

この質問にYes(^^)/と言えること。

 

この自己承認をすることが、

その後の肯定的行動⇒肯定的習慣⇒肯定的進化へと繋がっていきます。

 

太ってしまった自分が嫌い!ではなく、

年末年始は、美味しいものを食べさせようとしてくれた両親の愛情があったこと。

あ~有り難い。いつまでもかわいい娘でいられるように痩せよう。

 

営業の目標達成のためにロープレを続けた自分。

私は、ロープレを続けたから売上が伸びた!やってみろ!ではなく、

あのとき、自分のやり方に合わせ協力してくれた先輩がいた。

私も、目標達成に向けて協力してあげられる人になろう。

協力をお願いしやすい存在になれるように毎日一言声かけよう。

 

自己承認の考えのもとに生まれた習慣って

とても素敵だと思いませんか?

(自己承認についてもっと詳しく知りたい方は コチラ

 

 

自己承認こそが、あなたの人生を『好転』させる習慣化の最大のコツです。

 

 ブログバナー

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

従業員の意識にお悩みの経営者に必見!教えます「主体性」の育み方


2017/04/04

こんにちは!

早いもので、4月に突入ですね。

今回は “主体性”をテーマに瀬戸口がお届けさせていただきます。

 

この時期は、年度の仕事はじめで部署の変更、役割の変更、

と、変化のある人も多いのではないでしょうか?

変化の伴う時期だからこそ、ひとりひとりの“主体性”が必要とされますね。

 

 

そもそも、なぜ「受け身」になってしまうのか。

 

人は、動機⇒知識⇒スキルのサイクルで成長し、主体性を身に付けていきます。

 

1491275480862

 

例えば、小学生時に、「勉強しなさい!」と、両親に言われた。

最初は、言われたからという動機で勉強をしていたが、

やってみたら成績が上がって、勉強が楽しくなった。

今度は、「楽しいから」という動機で勉強をするようになった。

勉強をしていく中で「医者になりたい」という夢が出てきた。

すると、「医者になりたいから」という動機で、自ら主体的に理系の勉強をするようになった。

 

これによく似た経験はありませんか?

 

言われたから勉強するという、動機が成長せず、そのまま仕事をするようになると、

勉強が仕事に変わっただけで言われたからやるという受身的な行動は変化しません。

 

つまり、受け身になる原因は一人ひとりの“動機”に隠れているのです。

 

「受動的」から「能動的」に意識を変えるには?

 

まず、自分自身の“動機”に気づくことです。

これは、夢を持つことや、やりたいことを見つけること

ということではありません。

 

日々、過ごしている中で

話すこと、感じること、行動していることすべてに動機があります。

動機に気づくというのは、“今ある自分の動機”に気づくということです。

 

人の99%は無意識であると、言われています。

自分でも気づいていない“動機”というのは誰にでも存在するものです。

 

まずは、動機に気づくこと、自分を承認すること。

これが動機の成長を促し、能動的になっていく上で欠かせないステップです!

 

 

「主体性」を引き出すコーチング術

 

なかなか自発的に行動しない社員の主体性を引き出すために、、、

 

まずは教えることから始めよう。

仕組みをつくれば、迷わずに自分で動けるようになるだろう。

成功体験を積めば考えて動いてくれるようになるかもしれない。

 

と、試行錯誤されていませんか?

 

 

ここまでに書かせていただいた通り、

「主体性」のポイントは、それぞれの持つ“動機”にあります。

この、“動機”にアプローチしていく人材開発の方法がコーチングです。

 

(※■コーチングとは?

コーチングとは、その人が願っている理想や目標の実現に導く対話技術の事を指します。

こちらが正解を提示するのではなく、既にその人の中にある真の願い(正解)を引き出す

対話技術になりますので、『あなたにとってはこれが正解なので、こうして下さい』と、

答えを提示するコンサルティングとは異なります。  続き

 

例え、

仕組みを作っても、そこに実行者の動機がなければより良いものはできません。

いくら成功体験を積んでも、やりたいことでなければ次の挑戦に進もうとはしません。

 

 

一人ひとりの動機から、

それぞれの願う在りたい姿を引き出していくコーチングは、

 

揺るぎない真の「主体性」を醸成していきます。

 

ぜひ、コーチングを通してより主体的で幸せな人材育成を!

お読みいただきありがとうございました。

 

ブログバナー

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「月末の金曜は、何をしよう?」これから注目される「幸せな働き方」とは?


2017/03/30

こんばんは!

本日は、瀬戸口より

プレミアムフライデーについてお届けさせていただきます。

 

今月のプレミアムフライデーは31日!

皆さま、予定は決まりましたか?(^^)

 

 

「プレミアムフライデー」って何?

 

プレミアムフライデーとは、

毎月、月末の金曜日を午後3時退社と早め、

日本国政府と経済界が提唱する、

新たな個人消費喚起キャンペーンのための取り組みです。

 

この取り組みは、働き方改革への好影響も期待されています。

(働き方改革についてのブログは こちら

 

 

どんな経済効果を見込んでいるのか?

 

あなたは、

プレミアムフライデーを利用して、どんな時間を過ごしてみたいですか?

 

土日を含めた2.5日の休日で、普段は行けないような場所へ足を伸ばしてみるも良し!

夕方から大切な人と一緒におしゃれなレストランで優雅に過ごすも良し!

友達と昼間からショッピングに繰り出すも良し!

早めに帰宅して、凝った料理に挑戦してみるも良し!

 

日本国政府と経済界は、

この買い物や飲食、旅行などの個人消費を促進することでの

経済効果を見込んでいます。

 

多くの企業が、プレミアムフライデーを利用して

たくさんのタイアップのサービスを実施しています!

ぜひ、HPやロゴマークのあるお店をチェックしてみてください(^^)

 

 

これから求められる「幸せな働き方」とは?

 

幸せな働き方というのは、

働くことそのものが楽しいのはもちろん、

働く以外の時間も含めて、しっかりと自分を大切にしてあげることだと私は考えています。

 

「仕事と私どっちが大事なの!」というセリフ。

誰もがどこかしらで聞いたことのあるものでしょう・・・笑

 

どっちが大事?

仕事だけ。彼女だけ。

選ぶものではなく、

 

きっと、どちらも大事なんです。

どちらかを大事にするのではなく、どちらも。

あれ、「欲張りだな~」と思いましたか?

そんなことはありません!

もっと幸せになりたい!というエネルギーはどんどん突き動かしてくれます。

この“どちらも大事にする”というのは『自己承認』がカギになってきます。

(自己承認についてのブログは こちら

 

自分の人生を主体的に生きることが、幸せな働き方に直結してきます。

あなたの幸せを感じる瞬間はどんな時ですか?

 

普段はなかなか挑戦できないことに挑戦できる時間。

頑張った自分にちょっとご褒美をあげる時間。

いつも支えてくれている身の回りの人へ感謝を伝える時間。

 

普段はちょっと手が伸ばせない“幸せ”を味わう、

月末金曜そんなプレミアムフライデーを過ごしてみたらいかがでしょうか?

お読みいただきありがとうございました!

 

 

ブログバナー

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

人生グラフで人生の目的を明確に!


2017/03/18

こんにちは^^

本日は瀬戸口より“人生グラフ”をテーマにお届けさせていただきます!

 

今日から3連休…

何をしようかな?と迷われている方はこのブログを読んでぜひ実践してみてください!

 

 

人生グラフとは?

 

「人生グラフ?なにそれ?」と、思われた方が多いのではないでしょうか?

 

人生グラフとは、私たちは『ライフウェーク』と呼んでいます。

ライフ=人生。 ウェーク=波。

 

今まで生きてきた自分の人生(過去)の

 

良かったことや、幸せだったこと、嬉しかったこと、楽しかったこと

悪かったことや、不幸だと感じたこと、悲しかったこと、苦しかったこと

 

記憶に残っているできごとを、

横軸を年齢、縦軸をテンション(良かったこと・悪かったこと)とし、

ウェーク(波)のようにグラフにしていきます。これが人生グラフです。

 

 

 

人生グラフで何が分かるの?

 

「人生グラフが何なのかはなんとなく分かった。で、何が分かるの?」と思われたあなた。

まぁそう急がないでください。

ちゃんと説明させていただきますから(^^)

 

人生グラフ(ライフウェーク)を通して、

あなたの、『価値観』が分かります。

 

嬉しい!と感じること、悲しい…、と感じること。

感動して心が奮い立ったこと、悔しい思いをして涙したこと。

 

人によって“なぜそう感じたのか?”という背景は違います。

 

例えば、東京オリンピックが決まった時…

あなたはどう感じましたか?

 

楽しみでワクワクした人もいれば、混雑や混乱を想定し嫌だと思った人もいるでしょう。

同じできごとでも感じることが違うのはそこに“価値観”が存在するからです。

 

人生を通して

何を嬉しいと感じ、何を悲しいと感じたのか、

そこにあなたの“価値観”が見えてくるヒントがあるのです!

 

 

人生グラフで人生の目的が見えてくる!!

 

人生グラフ(ライフウェーク)をすることで

どんなときに自分の心が動いているのか?ということが見え、

だんだんと、自分の大切にしたい価値観が明確になっていきます。

 

 

自分の大切にしたい価値観のもと考えてみてください。

あなたは、これからどんな人生を送っていきたいですか?

 

 

それが、人生の目的になります。

 

人生の目的をもちましょう!と言われると

「えっ!そんなたいそうなこと、まだまだ見えてきません・・・!」

なんて思いませんか?

 

家族と笑いが絶えない家庭を築きたいな~

仲間を増やしていきたいな~

愛情をもって人と接していきたいな~

なんでもいいんです!

 

実は、今まで歩んできた人生の中にあなたの人生の目的は隠れています。

まだまだ人生を積み重ね、

これからの人生の目的はどんどんアップグレードされていきます。

だんだん素晴らしくなってく人生をより楽しく送るために

ぜひ、人生グラフ3連休で実践してみてください(^^)/

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

中小企業の人材育成のプロとして活躍するメンバーが日々のコーチングやセミナーの様子をご紹介しております

株式会社NextMessageのメンバーブログでは、コーチングをご依頼いただいた中小企業様の合宿セミナーの様子や毎月の勉強会、クレドトレーニングなどのコーチング模様をご紹介しております。
当社の人材育成プログラムがどのように行われているか、写真と共にご確認いただけますので、ぜひご覧いただき、ご相談にあたっての参考材料になさってください。
専門知識と豊富な経験を持つメンバーは、ご依頼いただいた中小企業様に出向いて、経営者様をはじめ、社員様のモチベーションアップや強い組織作りのためのサポートをいたしております。また、働き方への意識が大きく変わったと評判の1泊2日の合宿セミナーでは、親身でキメ細やかなサポートをご提供いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事