「セルフコーチング」するのと「プロコーチ」をつけたときの違いとは?


2018/01/17

 

こんばんは!今井です(^^)

 

本日は、「セルフコーチング」と「プロコーチ」をつけたときの違いについてお伝えさせて頂きます!

 

セルフコーチングという言葉の通り、コーチングや内観は自分自身でも行うことが出来ます。

 

では、なぜプロコーチをつけるのでしょう?

 

 

■自分の当たり前を外してくれる

 

自分自身が今見ている目の前の光景は、全て自分自身のものの見方で創り出されています。

 

例えば、人が目の前でこそこそ話をしているのを見て、

「わ。きっとこれ私のこと言ってるんだ。」と不安に感じる方もいれば、

「今きっとサプライズでも考えているのかな?」とわくわくに感じる方もいれば、

そもそも視界にも入らない人もいれば、

何も感じない人もいれば、感じ方は人それぞれです。

 

どの感じ方が良いというわけでは全くなく、

自分自身のものの見方で見ていたことが経験になっているので、

その出来事に対する客観視をすることが難しいのです。

 

なぜなら、自分が主人公の人生だからです(^^)

 

 

■客観的にコーチしてくれることで、自身の「強み」がわかる

 

「セルフコーチング」ではなく、「プロコーチ」をつけることによって、

自分の人生において、起きた事実(出来事)に対しての客観的な見方を自分自身に気づかせてくれるのです。

 

すると、自分自身の盲点に気づくことが出来るのです。

 

そういえばそんなこと考えたこともなかったこと。

そういえばあの時の相手は何を考え、何を感じていたのか。

そういえばあの時本当に自分が学んだことは一体何だったのか。

 

人の記憶は99%眠っています。

その99%に、「プロコーチ」は問いかけをするのです。

 

人は必要な時に必要なタイミングで必要な記憶を思い出します。

その記憶を呼び起こすのが「プロコーチ」なのです。

 

「セルフコーチング」だと、やはり自分の価値観が入ってくるので、

盲点には気づきにくくなるのです。

 

■「プロコーチ」からのフィードバックが「気づき」になる

 

自分の人生だからこそ、自分が気づけないところに、「プロコーチ」は気づかせてくれるのです。

 

その気づきを受け取ることで内観の質もグッとあがり、

盲点に眠っていた自分自身の本当の学びを受けるとことができるのです。

 

そうすることで、本当の“在りたい人生”に気づき、歩むことができるのです。

 

「プロコーチ」からの学びや気づきを、日々の「セルフコーチング」でも

活かしてみてください(^^)

 

きっと、大きな目の前の光景の良い変化に気づきますよ!

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

次回もお楽しみに(^^)

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

自信を心から感じる「思考習慣」とは?


2018/01/20

こんばんは!今井です(^^)

 

本日は、自信を心から感じる「思考習慣」とは?を書かせて頂きます。

 

■「自信」がないと様々なことに二の足を踏んでしまう…

 

「自信」がないと、何をしていてもなぜか不安になったり、

言われてもいないのに、「こう言われるのではないか。」であったり、

「こう思われるのではないか。」

などと、気にしすぎてしまうのです。

 

それはなぜでしょう?

 

「そう思われているのではないか」と判断しているのは自分自身のなのです。

自分の中に、その答えは眠っています。

 

■人と比較するのでなく、人から学ぶ謙虚な姿勢

 

自信がない時って、周りが良く見えたり、だからこそ自分の出来ない部分に目が向きがちになってしまうのです。

 

では、

なぜ、自分はそう捉えるのでしょう?

 

人は、今の自分に必要なことを自分自身が引き起こす能力を持っています。

 

そこに気づけたとき、人は今目の前で起きている出来事からの本当の学びに気づくのです。

 

起きた出来事はただの出来事にすぎません。

大切なのは、その出来事から自分が何を学ぶかなのです。

 

その学びを受けっていくと、自然と自分の中に在る“自信”に気づくのです。

本当は“在る”ということに。

 

■心から自信を感じるために、「小さな成功体験」を掴んでいく

 

自分自身が心から感じていることを、

まずは自分自身がちゃんとキャッチしてあげてください。

 

それでいいのです。

そう感じていいのです。

それが、あなた自身なのですから。

 

自分自身が自分自身の声を聴けなくなった時、

人は自信を失います。

 

自信とは、自分の心の声を、自分の心が感じ、

自分自身がちゃんとその自分を自分だと承認してあげることから始まるのです。

 

さぁ、あなたの本当の心の声は、なにを伝えていますか?

 

じっくりと、手を胸にあてて、自分の声を聴いてあげてください(^^)

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

次回もお楽しみに☆

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「意志が強い人」と言われる人が「無意識」にやっている行動とは?


2018/01/19

 

こんばんは!今井です!

いつもお読みいただきありがとうございます(^^)

 

「意志が強い」と言われる人が「無意識」にやっている行動とは、何だと思いますか?

本日は「意志が強い人」と言われる人が「無意識」にやっている行動についてお伝えさせて頂きます!

 

■あなたは「意志が強い」と言われますか?

 

いかがでしょうか?

きっと、このブログをお読みいただいている方でしたら、

「意志が強い」と言われたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

「意志が強い」と言っても、

一体なにもって「意志が強い」と言えるの?

という方もいらっしゃると思います。

 

きっとそれぞれにとっての意志の強さは違います。

 

自分にとっての「意志が強い」とは一体何ですか?

 

■目標達成への行動を積み重ねできること

 

その根本に、自分自身の動機が眠っているのです。

自分にとっての「意志が強い」とはいったい何で、

時分にとっての「意志」とは何か。

 

自分は一体何の為に、何の目標を達成したいと思っているのか。

それは仕事だけに限りません。

自分自身の人生においてもそうなのです。

 

自分は一体何のために生きていて、

一体どう在りたいと思っていて、

その為に一体何をしたいと思っているのか。

 

自分自身の動機が明確だからこそ、

意志を強く持つことが出来るのです。

 

自分の人生を主体的に生き、自分の人生を自分の足で歩み、

自分の意志で決断をし、自分の人生の目的の為に行動する。

 

そうすることで、ぶれることなく、

自分を自分自身が認め、承認し、自分を信じて前に進むことができるのです。

 

■「無意識」に成功へのイメージを創り出すことがカギ

 

自分自身の人生の目的である動機を明確にすることによって、

「無意識」に人は在りたい人生へと歩みを進めていくのです。

 

それが、「意志が強い」と言われる人が「無意識」にやっている行動なのです。

 

人生の目的があるからこそ、そこでは動機が育まれる。

 

その動機が育まれれば育まれるほど、

自分自身の行動にも変化が起きていきます。

 

 

あなたの人生の目的とは一体なんですか?(^^)

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

次回もお楽しみに☆

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「欠乏動機」と「獲得動機」聞いたことありますか?それぞれのメリット・デメリット


2018/01/15

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。(^^)

 

今年からブログは今井が担当させて頂くこととなりました!

ドキドキわくわくしながら、多くの方に想いが届くように、想いを綴らせて頂きます!

 

さて、今回は「欠乏動機」と「獲得動機」についてです。

皆様の中でも耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?

 

■「欠乏動機」「獲得動機」とは?

 

簡単に言うと、「欠乏動機」は穴を埋め、「獲得動機」は山を創ります!

 

「欠乏動機」でいうと、

・自分は満たされていないから、満たしていきたい。

・これ以上不幸にはなりたくないから…という動機

 

「獲得動機」でいうと

・自分は満たされているから、もっと満たされたい!

・もっと幸せになる為に…という動機

 

これだけを見ても「欠乏動機」と「獲得動機」の違いは一目瞭然ですよね!

 

「欠乏動機」は無いものに眼が向き、無いものを埋める

「獲得動機」は在るものに目が向き、更に自ら手を伸ばす

 

どっちが良くて、どっちがダメだというわけではありません(^^)

 

 

■それぞれのメリットをどう活かせる?

 

どちらも手に入れることには変わりありません。

 

“動機”が違うので、心の状態と、行動力には違いが出てきます。

 

「欠乏動機」でいうと、大前提“無い”もしくは“不足している”と思っているので、心で言うとしんどくなることが増えていきます。

周りと比べてしまったりもするだろうし、

周りの環境のせいにしてしまうこともあるだろうし、

やっぱり自分はできないのだと勝手に決めつけてしまうこともあるのです。

 

「獲得動機」でいうと、大前提“在る”ことを認めるからこその“もっと”を手に入れるので、心で言うと前向きさが増していきます。

 

だからと言って、“無い”ものを埋めることがいけないことというわけでは全くありません。

“なんのために”の動機を、ちゃんと自分が自分に問えているかが大切なのです。

 

■感情をコントロールしながら、左右されない自分になる

 

自分自身を自分自身がちゃんと承認してあげることが大切です。

今の自分自身、等身大の自分を、「これが私です!」と胸を張って言える自分でいれていますか?

フラットな心の状態で、本当の自分自身の動機と向き合えていますか?

そして、その動機を育めていますか?(^^)

 

“無い”ものを認めることも、“在る”ことを認めることも、

どちらも自己承認です。

 

“だから”の先に続く、自分の動機を、是非、ポジティブな言葉にしてみてください。

それだけで、感じ方も、心も持ちようも、行動も、全て変わっていきます。

 

自分を左右させるのも、自分を上下させるのも、

いつも自分自身の心なのです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみに!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

中小企業の人材育成のプロとして活躍するメンバーが日々のコーチングやセミナーの様子をご紹介しております

株式会社NextMessageのメンバーブログでは、コーチングをご依頼いただいた中小企業様の合宿セミナーの様子や毎月の勉強会、クレドトレーニングなどのコーチング模様をご紹介しております。
当社の人材育成プログラムがどのように行われているか、写真と共にご確認いただけますので、ぜひご覧いただき、ご相談にあたっての参考材料になさってください。
専門知識と豊富な経験を持つメンバーは、ご依頼いただいた中小企業様に出向いて、経営者様をはじめ、社員様のモチベーションアップや強い組織作りのためのサポートをいたしております。また、働き方への意識が大きく変わったと評判の1泊2日の合宿セミナーでは、親身でキメ細やかなサポートをご提供いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事