≪いまさら聞けない!? ご説明します「PDCA」≫


2017/04/27

こんばんは!

本日は小幡から

 

《いまさら聞けない!? ご説明します「PDCA」》

 

というタイトルでお送りさせて頂きます。

  

 

 

■「PDCA」について、すごく簡単に説明します!

 

PDCA」とはPlan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)の頭文字をとったものです。

と、ここまではご存知の方も多いかと思いますが、シンプルなようでいて、実は深いこの「PDCA」について、簡単にご説明したいと思います。

 

Plan(計画)とは言い換えるとつまり「道筋」です。

道筋ということはゴール地点があるという前提ですから、PDCAを廻そうと思ったら、前提にゴール地点の設定がなくては始まりません。

 

このゴール地点(目的・目標)の設定には、必ずと言っていいほどその設定者の内面が投影されます。そして設定者と別の人がPDCAを回そうとするとき、多くの場合はその内面までは覗かず、言葉が浸透しますので、実はPからこけてしまっている、ということは往々にしてあるケースです。

 

これを組織に置き換えると、経営陣で目的、目標を設定し、それを中間管理職が現場遂行する上でPDCAを回そうと思ったときに、なぜかコミュニケーションが成立しない。

そのコミュニケーション不和からPDCAは置き去りにされ、気づけば「あれ?誰がこれPDCA回しているの?」なんてケースが発生するのです。

 

 

■実践してみるけど、なぜ「PDCAサイクル」が回らない?

よく頂くお声としては「Do」が弱い、とか、「Check」がなされない、というご相談を頂きますが、前述しました通り、実は「P」からこけてしまっている、というケースは案外多いのです。

 

例えばゴールを「富士山の山頂に行こう!」にしたとします。

そして、この設定者は「日本一になりたいんだ!」という内面からこのゴール設定をしたとします。

 

しかしながらこの計画を立てる人は「富士山」で「高山病」をイメージしたとします。

するとこの人はPlanの段階で「休憩所をたくさん作らなければ」とか、「救護をどうしよう」とか、そのようなことをたくさん考えるでしょう。

するとだんだんPlanに自信がなくなっていき、「そろそろ休憩の時間かな。いや、でもまだいけるかもな。」と悩んだり、「休憩所をたくさん作るなら別の山上った方が早いのかもしれない!」と、またPlanから立て直すことになる。

そのような事が、日々の中で繰り返し起きていくので、回らなくなってしまうのです。

 

“自信がない”と思う“不安要素”を持っていたい人がPlanを立てると、

結局、内面で起きていることが直接、PDCAであり、アウトサイドに出ていくことになり、

PDCAサイクルは回らなくなってしまうのです。

 

 

■「PDCA」で、目標を達成する!

 

なんのために?でしょうか。

その目的が明確でなければ、Plan(道筋)はもちろん立てることができません。

そして、その目的を決めた自分は、一体どのような内面性で目的としたのでしょう。

 

“幸せになりたい!”と“不幸になりたくない!”

“世界を平和にしたい!”と“犯罪をなくしたい!”

 

これだけでもエネルギーが全く違うことが、感じ取って頂けたと思います。

 

 

純粋に願う幸せから、ご自身の目的が生まれ出ているでしょうか?

 

仕事とプライベートは同じです。

どちらもあって、どちらもWIN-WINです。

 

是非、あなたが純粋に願う幸せから、目的を決めて下さい。

すると、PDCAはおもしろいくらい、うまく回りますよ(^^)

 

本日もお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみに!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「習慣化」が人生を好転させる?習慣化のコツ


2017/04/25

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

 

本日は瀬戸口より

「習慣化」をテーマにお届けさせていただきます!

 

習慣と言えば、イチローが有名ですね。

また、スティーブジョブズも朝の習慣や、

様々な決まったルーチンを持っていたとか。

成功者の成功要因は「それぞれの“習慣”に在り」と語る偉人も多く、

参考にしている方も多いのではないでしょうか?

 

 

簡単なようで難しい「習慣化」

 

「経済についての知識が足りない…。

毎朝、30分早く出社して新聞を読もう!」

 

「年末年始に不摂生で太ってしまった…。

今日からしばらくお昼はサラダチキンにしよう!」

 

「営業で売上目標を達成したい!

ロープレを週に2回実施しよう!」

 

自分の足りないものを補おうとするときや、

達成したい目標にへの挑戦に対して、

習慣的な取り組みを決めることを解決策とした経験はありませんか?

 

私自身もこれまで

早めに出社をして本を読むことや、

寝る前には必ずストレッチをすること、

毎日、決まった時間に起きること、

エトセトラ、エトセトラ、、、

様々なことを習慣にしよう!と、決めてきました。

決めたことを頑張って取り組み、

良い成果が出たものもありますが、

 

実際のところは、決めてもなかなか続かず、

道半ばで挫折してしまったものが数知れず。

 

続ければ、解決されそう!良くなりそう!

と、頭で分かっていながらも『習慣化する』ということは、

なかなか難しいものです。

 

 

そもそも、「習慣化」することで何が変わる?

 

このような言葉を一度は聞いたことがありませんか?

―――――――――――――――――――――――――――

心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

運命が変われば人生が変わる。

‐ ウィリアム・ジェイムズ

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

–   マザー・テレサ

―――――――――――――――――――――――――――

 

習慣を変えるということは、自分自身(人格)を変えること。

そして、さらには運命・人生を変えるということだと、

ウィリアム・ジェイムズとマザー・テレサは、言います。

 

それでは、どのようにして習慣化していけばいいのでしょうか?

 

先ほどのウィリアム・ジェイムズと

マザー・テレサの言葉の前半部を紐解いてみましょう。

 

『心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。』

 

裏を返してみると、習慣を変えるには行動から。

行動を変えるには、心からということです。

 

 

『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。』

 

裏を返してみると、習慣は行動から。

行動は言葉から。そして、言葉は思考からということです。

 

 

つまり、【自分自身の内面性(心・思考)】から

習慣化はスタートしているのです!!

 

では、分かりやすく私自身のことを振り返ってみましょう。

 

<パターン1>

年末年始で3キロも太った!

こんな自分じゃダメだ!最悪だ!

痩せなければ…

ダイエットをしよう

食べちゃダメだ、食べちゃダメだ……

我慢……

イライラ イライラ

もう無理だ!!!!!(食べる)

 

⇒はい。よくある私の日常の光景です。笑

この場合の思考は『こんな自分じゃダメだ!最悪だ!』という

太った自分を否定し、痩せなければと自分を抑制することからスタートしています。

抑制しようとすればするほど、反発してしまい習慣化に失敗したパターンです。

 

 

 

 

<パターン2>

営業の目標を達成したい。

自分には、経験が足りないからもっとやらなければ!

毎日ロープレをしよう!

自分一人ではサボってしまうから、協力をお願いしよう。

毎日続いたし、力もついた!営業成績もあがった!

成長するには毎日ロープレに限る、みんなにやらせよう!

 

⇒習慣化に成功したパターンですね!

サボる自分をどうにか継続させようと協力を要請し、習慣化しました。

一件良い例に見えますが、最後の文に注目『みんなにやらせよう!』。

実は、自分の成功パターンは、相手にもさせたくなる(エゴ)になりやすいのです。

エゴマネジメントは、知らずの内に相手を苦しめてしまうことがあります。

 

 

【自分自身の内面性(心・思考)】では、

自己否定的に初めた行動は、習慣になる前に実施されなくなるか、

習慣化したとしても、成功パターンがエゴとなり相手の人格を傷つけることがあります。

 

まずは大切なことは、自己承認をすることです。

 

自己承認というのは、簡単に言うと、

「自分のこと好きですか?」

この質問にYes(^^)/と言えること。

 

この自己承認をすることが、

その後の肯定的行動⇒肯定的習慣⇒肯定的進化へと繋がっていきます。

 

太ってしまった自分が嫌い!ではなく、

年末年始は、美味しいものを食べさせようとしてくれた両親の愛情があったこと。

あ~有り難い。いつまでもかわいい娘でいられるように痩せよう。

 

営業の目標達成のためにロープレを続けた自分。

私は、ロープレを続けたから売上が伸びた!やってみろ!ではなく、

あのとき、自分のやり方に合わせ協力してくれた先輩がいた。

私も、目標達成に向けて協力してあげられる人になろう。

協力をお願いしやすい存在になれるように毎日一言声かけよう。

 

自己承認の考えのもとに生まれた習慣って

とても素敵だと思いませんか?

(自己承認についてもっと詳しく知りたい方は コチラ

 

 

自己承認こそが、あなたの人生を『好転』させる習慣化の最大のコツです。

 

 ブログバナー

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「潜在意識」の書き換えで、「幸せ」への近道を!


2017/04/21

こんにちは!

本日は今井がお送りさせて頂きます!

 

 

■「潜在意識」とは?

 

「潜在意識」という言葉、『顕在意識』と共に

よく耳にされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

潜在意識とは、

自分の中の因果です。

そしてそれは、自分の中に潜在的に眠っている意識のことです。

 

例えば、

①好きなアーティストがいる(顕在意識)

そのアーティストを好きな理由(顕在意識)

なぜ、その理由が好きだと思うのか(潜在意識)

 

②上司に怒られた(顕在意識)

怒られて嫌だと思った(顕在意識)

なぜ、怒られることが嫌だと感じるのか(潜在意識)

 

③今の私は心から幸せと言えない(顕在意識)

けれど、本当は心から幸せだと言いたい(顕在意識)

しかし、心から幸せと言ってはいけない(潜在意識)

 

など。

 

好きになる理由

嫌だと思う理由

自分を認めてあげられない理由 等々…。

 

全ては自分自身の潜在意識である因果が引き起こしているのです。

 

 

 

■「潜在意識」とは無意識。なぜ重要なのか?

 

潜在意識である因果は、

一体どこから生まれてきたと思いますか?

 

そうです。

あなた自身が歩んできた人生です。

 

これもあなたにとっては大切な価値観の1つでもあるのです。

 

“そう思う”全て理由はあなた自身の中にあります。

 

“そう思う”から好きだと思うし、

“そう思う”から嫌だとも思う。

 

潜在意識である因果は、

無意識の中で自分自身の偏見を作っているのです。

 

『これは〇~!だけど、これは×~!』

 

なぜ、でしょうね?(^^)

 

“そう思う”ようになったきっかけは

あなたの人生のどこから、共に過ごすようになったでしょうか。

 

そして、

なにがきっかけで育んだのでしょう?

 

それがあるから良い悪いというわけではありません。

 

より、あなたが幸せになる為に。

 

 

 

 

■「潜在意識」を利用して、より幸せな願望をカタチにする

 

潜在意識である因果を自分自身が理解できるようになると、

どうなるでしょうか?

 

『あ!だから自分はこういうとき嫌だと思うんだ!』

と、

自分自身で自分を発見し、理解することができるようになります。

 

そこを、クリアリングセッションしていくことで、

自分が持っている潜在意識である因果をプラスに変えていくことができます。

(NextMessageのクリアリングセッションとは?⇒こちら!)

 

潜在意識がプラスになることを想像するだけで、

なんだかもう幸せな気分になりますよね。笑

 

それこそ、

自分自身が持っている偏見が無くなっていくので、

今ある器が更に広がっていきます。

 

そんな自分が願う幸せって、

一体どのような幸せなのでしょう?

 

きっと、今よりも純粋で、今よりも暖かくて、今よりも深くて、

今よりもあなたらしいですね(^^)

 

さぁ、

あなたの幸せを広げに行きましょう!

 

本日もお読み頂き、

ありがとうございました!

 

次回もお楽しみに!

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『優秀な人材』の定義2017決定版!


2017/04/20

こんにちは!

本日は小林より『優秀な人材』の定義2017決定版!

というテーマでお送りさせて頂きます。

 

 

■時代の流れと共に「優秀」の定義が変化してきた

まずは現代がどのような時代なのか、

整理をしていきたいと思います。

書籍や様々なニュース等でも報じられていますが、

 

 

・現代は2007年生まれの日本人の5割が107歳まで生きると言われている。

AI・ロボットにより10年後には数多くの仕事が無くなる。

・リモートワークや副業を解禁・推進する企業の動きの加速。

・長時間労働や働き方に対する見直し。(働き方改革)

 

 

これまで良しとされてきた年功序列、終身雇用制度等も変化していく中、

一昔前の日本で良しとされてきたモノが大きく変化する時代に入りました。

また、今後は力を発揮して活躍する人材と、

そうでない人材の明暗はハッキリと別れるとも言われております。

 

 

今を生きる一人一人が自分の人生に責任を持つという自覚が、

より重要になってくるのではないかと思います。

こういった転換期の中で、

力を発揮する優秀な人材とはどのような人材なのでしょうか。

 

 

 

■優秀な人材とは?の3つのポイント

≪①人生の目的が明確である≫

これだけ生き方・働き方も多様化する現代の中で、

力を発揮する人材は、まず人自分の人生の目的が明確です。

人生で何を成し得たいのか?自分自身の人生の終着点を想像し人生の目的を明確に持つこと。

そして、その人生の目的に沿って選択・意思決定をし続けて行く事が大切です。

世の中に数多くの情報や選択肢が溢れる中でも自分の人生に責任を持ち、

選択・意思決定をしていける人材は、自分自身の明確な人生の目的を持っています。

また、その人生の目的はブレるものではなく、自分の人生から得た人格そのものです。

 

『あなたの人生の目的は何ですか?』

 

自身に問い掛けた時、

意志のある明確な目的はございますでしょうか?

心に何が浮かびますか?

是非一度ご自身に対して問い掛けてみて頂ければと思います。

 

 

≪②主体性≫

二つ目は主体性です。

主体性とは“自分の人生に責任を持つ”という事です。

いかなる時も自分自身の人生にリーダーシップを張り、人生に主体性を発揮すること。

目の前の光景は全て自分自身が創り出している光景なんだという前提の中で、

人生の目的に対して自ら“もっと幸せな人生”を創造してく。

どんな時代・環境が訪れても、

主体性を発揮し自分の人生を自ら創造していく人材が力を発揮します。

 

主体性が欠けてしまうとき、

目の前の光景に流され時代や自分以外のせいにし自分の人生のリーダーシップさえも、

とたんに消えてしまいます。

だからこそ目の前の光景から学び、自分自身の人生のリーダーは自分自身なんだと、

自覚して進んでいく事が大切です。

 

 

≪③共感性≫

共感性とは“相手の立場に立つ”という事です。

大前提に前述させて頂きました主体性無くして共感性は成り立ちません。

 

・私が在って相手の立場に立っているのか?

・私が無く相手の立場にたっているのか?

 

上記二つは全く違います。

いくら相手の立場に立つといっても、

私が無くては“WINWIN”は成立しません。

ビジネスは分かり易く相手とのWINWINの成立の中でフィールドもどんどん広がっていきます。

人生の目的に対し意思を持った私が、相手の立場に立ち相手の意思も尊重しながら、

WINWINの輪を広げていく。

優秀な人材はどちらか一方ではなく、常にWINWINの関係を大切にしています。

 

 

■優秀な人材を育成していくためには?

前述させて頂きましたが、

優秀な人材を育成して行くためには、

まずは、人生の目的を明確にすることが最重要だと考えます。

そして、その目的に向かって主体性を発揮し共感性を深め続ける事が大切です。

 

取り巻く環境の変化、

選択肢が増える世の中で、

私たちは日々大小問わず沢山の『選択』をしています。

 

自らが願う人生の目的に向かって、自分の思考を研ぎ澄まし続ける。

その上で、“全て自らが選択をしている”のだということを自覚し、

進んでいくこと。

 

優秀な人材を育成する上では、

企業の中でも主体性・共感性が育まれる環境・インフラ作りが非常に重要になってきます。

その思考の土台の上に知識やスキルが肉付けされてくると、

従業員の方々のパフォーマンスもより上がっていきます。

 

何故なら、

“今やっている事と自分の人生の目的への繋がり”が強く実感できるからです。

 

自らが今やっている事と自分の人生の目的が繋っているのだと言う幸福感の中で、

自分の人生の目的に向かって、

「もっと幸せになりたい!」と主体性を発揮できる人材が、

優秀な人材として、

これからの時代を引っ張っていくのではないでしょうか。

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「クリアリングセッション」で自身の内面にフォーカス


2017/04/12

こんにちは!
本日は今井がお送りさせて頂きます!

 

 

■「クリアリングセッション」とは?

 

一言でお伝えすると、

思考をクリアにしていくトレーニングです。

 

本当はやりたいこと
本当はした方がいいと思っていること

本当は…。

 

ということってありませんか?

 

自分自身が問題だと思う事は、突然今日舞い降りてくるというよりも、
“前から実は思っているけど…”という事の方がほとんどなのです。

 

では、
なぜその問題は解決しないと思いますか?

 

 

答えはシンプルです。

 

 

その出来事に向き合う事に対して、
潜在意識の中でブロックがあるからなのです。

 


■「クリアリング」で本来の自分に

 

DOすることが嫌だと思っている場合でも、
なぜ、嫌なのだろう?という事をクリアリングしていくと、
自分の潜在意識の“本当の心の声”が聞こえてきます。

 

DOが嫌なのではなく、
実は自信がないと思っている心の奥底が見えてきたり。

またそれが、幼少期の頃、両親が共働きだった時の寂しさが育んできた価値観だったり。

 

その価値観は、今まで歩んできた人生の中で形成をされているのですが、

 

なんと、、、

人の記憶は99%眠っていると言われています!

 

 

なぜ、自分はこういうことが嬉しいのだろう
なぜ、自分はこういうことが悲しいのだろう
なぜ、自分はこういうことに腹が立つのだろう
なぜ、自分は…。

 

 

なぜ、なのでしょう?

 

 

あなたの中に眠っている本来の私は、
あなたに起こしてもらえることを待っています。

 

 

■幸せになる方法を一緒に探しましょう

 

しかし、
自分の記憶は1%しか残っていない中、
どのように99%を呼び起こしていくのだろう?

 

そこは、NextMessageにお任せください!

 

あなたの中に眠るあなたを、共にお起しに行きましょう。

 

あなたが自分自身でブロックをかけてしまっていることが解放された時、
あなたはどのような自分になっているでしょう?

 

想像は創造されます。

 

どんな自分で在りたいか。
どんな人生を歩みたいか。

 

 

 

あなたがあなたであることに誇りを持つ、勇気を。

 

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました!
次回もお楽しみに(^^)

 

 

ブログバナー

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「NextMessageが実践!」企業体質を改善させたコーチング


2017/04/08

こんにちは!

本日は小幡から≪「NextMessageが実践!」企業体質を改善させたコーチング≫についてお送りさせて頂きます。

 

「コーチング」というと、組織のリーダーやマネジャーがマネジメントで使う目的や、個人で興味がある方が学ぶ、身につける、というお話をよく伺いますが、

 

我々NextMessageは「企業」様に対して「コミュニケーションインフラ」整備として導入させて頂いております。

 

 

 

お客様の要望で多いもの

 

ここから社長様から頂くお声、社員様から頂くお声に分けて例を挙げてみたいと思いますが、

 

社長様からよく頂くお声としては

 

・「理念浸透とはどうしたら良いものか」

・「社員はやる気がないと思ってしまう」

・「社員に俺の気持ちなんてわからないだろうと思ってしまう」

・「とにかく結果を出して欲しいだけ」

・「社員が思い通りに動いてくれない」

・「改善したくても古い体質が強くて改善出来ない」

 

 

一方社員様から頂くお声としては

・「新しいやり方を提案しても他の部署から反対される」

・「権限と責任があいまいでどこまで自発的に動いたらよいかわからない」

・「部下のやる気を高める為に良い方法はないか」

・「部下が思い通りに動いてくれない」

・「言っていることは正論だけど、だったらやって欲しい」

 

等々・・・

 

 

そして「これらをなんとかしたい!」というかたちでお客様からご要望を頂きます。

 

 

 

コーチングの実践で、こんな結果が出ました!

 

創業約10年のある企業様のお話です。

 

その企業様は売上、社員数が停滞している中、社長様、社員様共々上記のお悩みをそのまま抱えておられました。

 

社員数の停滞とは、人が採れないのでなく、採れても辞める、という繰り返しで、いわゆる「離職率」が高い状態でした。それも、決まって“若手”が辞めていく・・・

まだこの仕事のおもしろみもわからないうちになぜなんだ・・・

 

ただ、いろんな手は施しておりました。

 

社長様自ら勉強会に行ったり、

社員様を勉強会に行かせたり。

実際に組織にコンサルを入れてみたり

同業他社との交流会を開いたり・・・

 

しかしながらどうしても効果は一過性に留まってしまい、永続的に良くなるものはないかと模索される中で我々の「コーチング」と出会いました。

 

 

結果は1年で業績はあがり、若手の離職はゼロになりました。

 

 

一体何が変わったのか。

 

それは、組織でなされるコミュニケーションが変わりました。

シンプルにいうと、「誤解」が消えていったのです。

※「誤解」とはその人の内面性(メンタル)が創り出します。

(→メンタル維持に関してはこちら http://nextmessage.co.jp/member-blog/1124

 

コーチングを導入すると、なぜ「誤解」が消え、「コミュニケーションが変わり」結果的に業績があがるのか。

 

 

それは、以下のようなメソッドで成り立っています。

 

 

  • 企業組織のコミュニケーションインフラが整備される

コミュニケーションを誤解に留めず、理解する姿勢が形成される

 

↓すると

 

  • 理念が軸となる会話が成立する

共通言語が出来る

 

↓すると

 

  • 『お客様』主語の会話が増える

 

↓すると

 

  • お客様を向いた実行力が上がる

 

↓すると

 

  • お客様満足が向上する

 

↓すると

 

  • 業績が上がる

 

↓すると

 

  • 顧客も社員も幸せになる

 

↓すると

 

  • 企業が取り巻く環境が幸せになる

 

↓すると

 

  • 企業幸福度上がる

 

↓すると

 

  • 理念経営の永続発展に繋がっていく

 

 

この第1ステップ である「コミュニケーションインフラが整備される」の前段に我々のコーチングは存在し、また、それを継続する為に、存在しております。

 

このメソッドにより、コミュニケーションが正しく活性化し、そのコミュニケーションによって企業体質が改善していきます。

 

 

お客様から信頼の声

 

現在お客様からは「餅は餅屋」というお声を頂き、

 

「コミュニケーションインフラ整備はNextMessageで」

 

というかたちで新卒、中途、関わらず「入社」が決まればまずはNextMessageのコーチングを受けて頂いております。

 

このコミュニケーションインフラの上に、その企業様、業界、職種の「知識」や「スキル」が上乗せされることで、より成長に加速されていくのです。

 

 

本日も、最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

ブログバナー

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

中小企業の人材育成のプロとして活躍するメンバーが日々のコーチングやセミナーの様子をご紹介しております

株式会社NextMessageのメンバーブログでは、コーチングをご依頼いただいた中小企業様の合宿セミナーの様子や毎月の勉強会、クレドトレーニングなどのコーチング模様をご紹介しております。
当社の人材育成プログラムがどのように行われているか、写真と共にご確認いただけますので、ぜひご覧いただき、ご相談にあたっての参考材料になさってください。
専門知識と豊富な経験を持つメンバーは、ご依頼いただいた中小企業様に出向いて、経営者様をはじめ、社員様のモチベーションアップや強い組織作りのためのサポートをいたしております。また、働き方への意識が大きく変わったと評判の1泊2日の合宿セミナーでは、親身でキメ細やかなサポートをご提供いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事