幸せな働き方 ー2016年振り返りー


2016/12/31

こんばんは。
本日も徒然なるままに、
小林がお送り致します(^^)

 
本日は2016年締めの一日という事で、
一年の振り返りを書かせて頂きます。

 

 
私のこの一年を漢字で表すと、

『龍』

という言葉になります。
はい、私の名前です(^^)

 
パッと頭に浮かんだのがこの言葉でした。
自分という人間の輪郭が少しずつ見えてきたというか、、、

一番分かっているようで、

分かっていない、
自分自身を理解するという事にエネルギーを使った一年だったように感じております。

 

 
自分の中の、
ポジティヴもネガティヴも知り、
どちらも在る事を受け容れ。
自分にとって受け容れたくない事とも、
向き合った一年でした。

 

 
この場から逃げたくなった。

 

 

自分をとにかく正当化したかった。

 

 

判断することが怖い。

 

 

自分に全く自信が持てなくなった。

 

 

ネガティヴな自分が嫌いになった。

 

 

頑張るのを辞めてみた。

 

 

自分に迷った。

 

 

言葉を発する事が怖くなった。

 

 

自分と向き合う事が怖かった。

 

 

人と向き合う事が怖くなった。

 

 

人と話す事が怖くなった。

 

 

『仕事』を見つめた。

 

 

『プライベート』を見つめた。

 

 

『人生』を見つめた。

 

 

未来を考えた。

 

 

過去を見つめた。

 

 

人生の目的を自身に問うた。

 

 

人生の必然を自身に問うた。

 

 

支えて貰えている仲間がいる事。

 

 

支えてくれる家族がいる事。

 

 

今まで支えてくれてた沢山の人たちがいる事。

 

 

そこにある愛や想い。

 

 

自分の魅力・自分に有るモノ。

 

 

周りの人・目に映るモノから良い影響を貰っている事。

 

 

共に生き続ける大切な人たちがいる事。

 

 

自分の歩んできた人生が喜びに溢れている事。

 

 

出会えた人たちへの有難さ。感謝の想い。

 

 

そういった自分・感情が在るのだという事も、

知る事が出来た一年でした。

 

 

 
【目の前の光景は全て自分自身が創り出している】

 

 

 
日々の中で、

忘れたくない事。
忘れたくない想い、感情。
涙がこみ上げると同時に、
自分の心に湧く感情や念。

 

 
忘れたくない。
記憶に心に留めておきたい、
心に深く入る感情や思考、言葉。

掴んだと思った瞬間に、
消えてなくなる・・・そんな時もあるからこそ、
その瞬間を抱きしめて、
大切にして日々精進をし続ける。

 

 
その一歩一歩が、
自分自身の素晴らしい人生の経験となり、
より豊かな「今」を創る。
日々を丁寧に精進していきます。

 

 

 

本年も誠にありがとうございました。
来年も、
どうぞ宜しくお願いします(^^)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

-幸せなプライベート- クリスマスの記憶


2016/12/25

こんばんは!
12月24日クリスマス。
本日も徒然なるままに小林がお送り致します。

 

 

 

本日はクリスマスという事で、
家族で旅行に出かけました。
クリスマスかぁ~と考えながら車を運転している時に、
思い出した記憶の一つを今回は書かせて頂きます。

 

 

 

テーマは「兄」です。

クリスマスと言えば、
思い出すのは小学生の頃、
サンタクロース??から、

 

 
スーパーファミコンのゲームソフト、
『ス―パードンキーコング』
をプレゼントで貰いました^^

 

 

 

朝早くから兄と早速、

ゲームをして遊んだ記憶を懐かしく思います。

兄と言えば、
二つ年上でとても優しく、
ケンカも時々したけど、
嫌な事を強制されたりした記憶などは全くない。
それ位優しい人間です^^

 

 
そんな中、
あるシーンが蘇ってきました。

 

 

 

社会人になってから、
ある日実家で会ったので、
お互いの仕事について話をしている時、
こんなやり取りをしました。

 

 

 

 

兄「龍哉は凄いよ、土日も関係なく朝から夜まで働いて。
俺にはベンチャーでそんな働き方はできないな。」

 

 

 

自分「まあね。色々と作っていける楽しさもあるしね。それに
今やって成長すれば後で活きると思うし。今大変でも頑張るよ」

 

 

 

兄「凄いな、俺はやっぱり家族が大切だから。家族と長く居られる働き方が優先だよ。
そして安定した生活を求めるよ。」

 

 

 

自分「・・・」

 

 

 

 

何と返事をしたのかは、
記憶から消しているようです。笑
ただ心の中はモヤモヤしていた事は覚えています。

自分の人生で優先したい事をハッキリと持っている兄。

それを素直に言える兄。

何故かそれが凄く羨ましかった・・・。

 

 

それに対し、
何か見栄を張り、
自分に言い聞かせているような、
モヤモヤしていた本当の自分。

 

 

「若い時は苦労して頑張るべきなんだ!」とか、
まだ若いのに、
心の中で自分に言い聞かせている自分(汗)

 

 
「だって、そうでしょ!?楽してたら成長しないでしょ?」

 

 
と、兄にも自分のエゴを押し付けたくてたまらなかった。
自分の今を正当化したくてたまらなかった。
心の中はグチャグチャだったのです。

 

 

 

「強がり」
「虚勢」
「迷い」

 

 

 

本当は心の中は、
そんなモヤモヤで一杯でした。

何故かこんなシーンが蘇ってきました。

 

 
最後には「仕事頑張れよ!」と、
別れ際にはいつも声を掛けてくれる兄。

きっと色々と伝わってしまっているのだろうなと。。

本当は素直な自分の気持ちを、

自分自身が一番認め受け入れてあげたかった。

 

 

 

当時の事を、
今ではそんな時もある。
いや、そんな時もあってよかった。
それでも進んで大丈夫(^^)
と思えておりますが。

 

 

 

何か困った時は、
一番に頭に浮かぶ兄。
そういう存在と思える事が、
本当にありがたいです。

 

 

 

信頼

優しさ
素直さ
楽しむこと
自分の人生を大切にすること。
僕の人生に沢山の学びを与えてくれえる存在です。

 

 

 

クリスマスに思い出した、
この必然の記憶を抱きしめて、
今ある幸せを見つめよう(^^)

改めてそんな事を感じる事ができた、

幸せなクリスマスでした。

 
クリスマスらしからぬ
ブログになりましたがお許し下さいませ(汗)

一年に一度のクリスマス。

 

 

皆様の記憶に残っているのは、
どんなクリスマスでしょうか?(^^)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せなプライベート ー家族からの気付きー


2016/12/18

こんばんは(^^)
本日も徒然なるままに。

小林よりお送りさせて頂きます。
本日は、
家族からの気付きについて書かせて頂きます。

 
本日は妻が体調を崩しまして、
初めて生後半年の息子と、
二人で過ごす時間があり、
散歩も初めて二人でしました(^^)

 

 
【その中での気付き】

・ズボンを履かせるのも一苦労(泣きわめく)

・体重が重くなっている

・ハイハイもどき?が出来るようになっている

・独り言の種類が増えた(笑)

・散歩するだけも結構重くて体力を消費する

・寝かせるのも大変

 

 
あとは妻への感謝が大きいです。
毎日これをやっているのかと。。
寝かせるのも一苦労、
ベッドに置いた瞬間に起きる(泣)

 

 
自分が遅くに仕事から帰ってきて、
息子に近づこうとすると、
物音がうるさいと妻が不機嫌になる理由が、
よくわかりました(笑)

 

 
今までは休み関係なく、
好きな時に仕事してやりたいようにやって来た。
けど、家族ができると、
今まで通りには行かなくなる事も多い。

 
妻にも毎日の生活と感情と背景があって、
息子にもにも毎日の生活と感情と背景があって、
その全てを知っている、見ているわけではない。

 

 
そうなのであれば、
一緒に過ごせる時間をどんなモノにしていくか。
尊重し合って、
お互いの意見をできるだけ実現できる形を、
作っていきたいなと感じます。

キーワードは、
「尊重」かな・・?。
と只今模索中です。

 
自分

自分×家族

自分×仕事

自分×友人

自分×コミュニティ

 
自分×趣味

 
守るもの、
共に豊かに生きたい人
関わりたいモノが増えるほど、
『自分自身がどう生きたいのか』という信念と勇気や、
それを実現する手段として、
考え方や力も必要になってくる。

 

 
家族に対しても、
つい自分よがりになってしまう弱い自分に、
課題も感じつつ・・・、
それを認め受け容れつつ。
それを感じた今日一日に感謝を(^^)。

 

 

 

授かった命を精一杯生きる姿で家族を照らしていきたい。

と改めて感じた一日でした。
本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました(^^)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せなプライベート ー家族からの気付きー


2016/12/18

こんばんは(^^)
本日も徒然なるままに。

小林よりお送りさせて頂きます。
本日は、
家族からの気付きについて書かせて頂きます。

 

 
本日は妻が体調を崩しまして、
初めて生後半年の息子と、
二人で過ごす時間があり、
散歩も初めて二人でしました(^^)

 

 
【その中での気付き】

・ズボンを履かせるのも一苦労(泣きわめく)

・体重が重くなっている

・ハイハイもどき?が出来るようになっている

・独り言の種類が増えた(笑)

・散歩するだけも結構重くて体力を消費する

・寝かせるのも大変

 

 
あとは妻への感謝が大きいです。
毎日これをやっているのかと。。
寝かせるのも一苦労、
ベッドに置いた瞬間に起きる(泣)

 

 
自分が遅くに仕事から帰ってきて、
息子に近づこうとすると、
物音がうるさいと妻が不機嫌になる理由が、
よくわかりました(笑)

 

 

 

今までは休み関係なく、
好きな時に仕事してやりたいようにやって来た。
けど、家族ができると、
今まで通りには行かなくなる事も多い。

 

 
妻にも毎日の生活と感情と背景があって、
息子にもにも毎日の生活と感情と背景があって、
その全てを知っている、見ているわけではない。

 

 

 

そうなのであれば、
一緒に過ごせる時間をどんなモノにしていくか。
尊重し合って、
お互いの意見をできるだけ実現できる形を、
作っていきたいなと感じます。

キーワードは、
「尊重」かな・・?。
と只今模索中です。

 

 
自分

 
自分×家族

 
自分×仕事

 
自分×友人

 
自分×コミュニティ

 
自分×趣味

 

 
守るもの、
共に豊かに生きたい人
関わりたいモノが増えるほど、
『自分自身がどう生きたいのか』という信念と勇気や、
それを実現する手段として、
考え方や力も必要になってくる。

 

 
家族に対しても、
つい自分よがりになってしまう弱い自分に、
課題も感じつつ・・・、
それを認め受け容れつつ。
それを感じた今日一日に感謝を(^^)。

 

 

 

授かった命を精一杯生きる姿で家族を照らしていきたい。

と改めて感じた一日でした。
本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました(^^)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せな働き方ーWill・Can・Mustー


2016/12/17

おはようございます。
本日は徒然なるままに、
小林がお送りさせて頂きます(^^)

 

 

本日は、

「Will・Can・Mustと動機」について書かせて頂きます。

 

 

マネジメント等にも使われる、
will・can・must。

 

 

・やりたいこと
・できること
・やらなければならないこと
企業も幸せに、
働く個人も幸せに。
Win-Winの世界を創造していきたい。

 
『なんで頑張っているのですか?』
と言う問いに対し。

 

 
①やりたいから!

②出来ることだから!

③やらなければならないから!

どれも有る。

 

 
どれも人の中にはあるけれど、
今思うのは比率が大事なんだろうなぁと。
自分の中で、
どの動機エネルギーが一番強いか?

 
【willが源】
やりたいからやった!
そしたら、
やらなければいけない!と感じない。
気が付くと出来ることが増えていた(^^)

 

 
【mustが源】
やらなければいけないから!と頑張ったら、
気が付くと出来ることが増え、
やりたい事をやっていた(^^)

 

 
【canが源】
出来る事をやっていたら、、

やりたい事が見つかっていく?

 

 
ん〜、、、
個人的には、
canからだと成長軌道が描きにくいと、
感じてしまいます(^_^;)
willの源にある動機は『自己承認感・肯定感』?
mustの源にある動機は『義務感・犠牲感、時には危機感、使命感』?

canが肯定感の土台にもなるのか??

 

 
willかmustどちらが源かに関わらず、
より豊かな人生設計の、
一つのポイントは『can』の領域をいかに増やしていけるか、

それにより、結果全体の領域が増えて行くのかなと。
と書きながら感じました(^^)

 
時代背景によっても、
全く違うだろうし、
個人個人によっても、それぞれの比率は異なるのだけれど、
色々なプロセスを経て、
また、どんなプロセスだったとしても、
自身か歩んできた道を『自己承認』できれば、
より自然なwillは溢れ出すんだろうなと、

感じております。

 

 

その先は自らの「勇気と選択」で、

創っていけばいいのだと。
この辺りもっと人と議論して、
自分と議論して深めていきたいなぁ
と感じております。

 

 

振り返ると、
どの動機で動いてる事が、
一番多いんだろうか??

 

是非皆さんも、

一年の終わりに自身の動機を、

振り返る時間を作ってみてはいかがでしょうか(^^)
本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

幸せな働き方ーWill・Can・Mustー


2016/12/17

おはようございます。
本日は徒然なるままに、
小林がお送りさせて頂きます(^^)

 

 

本日は、

「Will・Can・Mustと動機」について書かせて頂きます。

 

 

よくマネジメント等にも使われる、
will・can・must。

 

 

・やりたいこと
・できること
・やらなければならないこと

 
企業も幸せに、
働く個人も幸せに。
Win-Winの世界を創造していきたい。

 

 
『なんで頑張っているのですか?』
と言う問いに対し。

 

 
①やりたいから!

②出来ることだから!

③やらなければならないから!
どれも有る。

 

 
どれも人の中にはあるけれど、
今思うのは比率が大事なんだろうなぁと。
自分の中で、
どの動機エネルギーが一番強いか?

 

 
【willが源】
やりたいからやった!
そしたら、
やらなければいけない!と感じない。
気が付くと出来ることが増えていた(^^)

 

 
【mustが源】
やらなければいけないから!と頑張ったら、
気が付くと出来ることが増え、
やりたい事をやっていた(^^)

 

 
【canが源】
出来る事をやっていたら、、

やりたい事が見つかっていく?

 
ん〜、、、
個人的には、
canからだと成長軌道が描きにくいと、
感じてしまいます(^_^;)

 

 
willの源にある動機は『自己承認感・肯定感』?
mustの源にある動機は『義務感・犠牲感、時には危機感、使命感』?

canが肯定感の土台にもなるのか??

 
willかmustどちらが源かに関わらず、
人生設計の、
一つのポイントは『can』の領域をいかに増やしていけるか、

それにより、結果全体の総領域が増えて行くのかなと。
書きながら感じました(^^)

 
時代背景によっても、
全く違うだろうし、
個人個人によっても、それぞれの比率は異なるのだけれど、
色々なプロセスを経て、
そしてどんなプロセスだったとしても、
自身か歩んできた道を『自己承認』できれば、
より自然なwillが溢れ出すんだろうなと、

感じております。

 

 

その先は自らの「勇気と選択」で、

創っていけばいいのだと。

 
この辺りもっと人と議論して、
自身と議論して深めていきたいなぁ
と感じております。

 

 

振り返ると、
どの動機で動いてる事が、
自分自身は一番多いのだろうか?

 

 

是非皆さんも、

一年の終わりに自身の動機を、

振り返る時間を取ってみてはいかがでしょうか(^^)
最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:〒169-0075 東京都新宿区
高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

中小企業の人材育成のプロとして活躍するメンバーが日々のコーチングやセミナーの様子をご紹介しております

株式会社NextMessageのメンバーブログでは、コーチングをご依頼いただいた中小企業様の合宿セミナーの様子や毎月の勉強会、クレドトレーニングなどのコーチング模様をご紹介しております。
当社の人材育成プログラムがどのように行われているか、写真と共にご確認いただけますので、ぜひご覧いただき、ご相談にあたっての参考材料になさってください。
専門知識と豊富な経験を持つメンバーは、ご依頼いただいた中小企業様に出向いて、経営者様をはじめ、社員様のモチベーションアップや強い組織作りのためのサポートをいたしております。また、働き方への意識が大きく変わったと評判の1泊2日の合宿セミナーでは、親身でキメ細やかなサポートをご提供いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事