「心理的安全性」の高いチームを確立する重要性とは?


2018/04/09

こんばんは!

Nextmessageです!

 

「心理的安全性」の高いチームを確立すると、

どのような良いことが起きるでしょう?

 

是非、想像しながらお読みください!

 

 

■心理的安全性とは?

 

おさらいです!

 

さて、

心理的安全性とは一体何でしょうか?(^^)

 

 

「心理的安全性」とは

自分の言動が他者に与える影響を強く意識することなく、

感じたままの想いを素直に伝えることのできる環境や雰囲気のことです。

 

ビジネスと強い関連性を持つ心理的用語です。

 

「心理的安全性」は他者の反応に怯えたり、羞恥心を感じることなく、

自然体の自分を曝け出すことのできる環境や雰囲気が在る状態なので、

それぞれの人が“ありのままの自分”でいることが出来るのです。

 

“ありのままの自分”でいられるからこそ、

人目を気にせず、見えないものに縛られることなく、

本当に“在りたい”自分を生きることが出来るのです。

 

 

逆に、心理的安全性が確保できないとよく起こることは、

 

「これを聴いたら無知だと思われるかな?」

 

「これを報告したら無能だと思われるかな?」

 

「これを伝えたら邪魔していると思われるかな?」

 

「これを言ったらネガティブだと思われるかな?」

 

 

そう言って自分の中に留めてしまい、

後々大きな問題になってしまう。

 

 

『なんでちゃんと報告しなかったの?』

『なんでちゃんと相談しなかったの?』

『だって言ったら怒られるだろうし…』

『だってまた嫌な顔されるし…』

 

様々の内面に在る声が、全てを創り出しているのです。

 

 

■「心理的安全性」を確立することはチームの生産性に繋がる

 

 

では、心理的安全性が確保されることにより、

どのような良いことが起きるでしょう?

 

一度、考えてみてください!

 

 

今想像して頂いた良いことは、全て正解です。

 

その想像をされていることは全て、実現されます。

 

例えば、

それぞれが心理的安全性が確保されることにより、

ありのままの自分でいれた時、

 

思ったこと、気づいたことを素直に共有することが出来る為、

議論が活発になります。

そして、同調するだけの会議ではなくなるため、今までと違う第3の案が生まれます。

 

他にも、自分の人生で実現したいことと、会社の理念とが結びつくので、

社内でのキャリアビジョンを明確に描くことが出来るようになります。

 

それぞれが自分の人生に主体的に生きるので、

もちろん会社でも主体性を発揮します。

 

この、心理的安全性が確保された人が集まったチームだと、

どのような良い変化が起きるでしょう(^^)

 

まさに、会社の中でのトップチームの誕生です。

 

 

■チームワークを高めるために必要なこととは?

 

まさに、心理的安全性が確保される組織作りです。

 

それぞれが素直に感じていること、思っていることを共有できる環境は今ありますか?

 

この共有がなされることが、心理的安全性を確保し、チームとして確立していくにあたり、

最も重要になっていきます。

 

では、この共有はどうすれば出来るようになるのでしょうか?

 

答えはライフウェイクです。

 

ありのままの自分を承認し、(自己承認)

在りたい自分を肯定して生きる(自己肯定)

 

 

自分自身のこと、承認できていますか?

 

心の底から、自信を持って、好きだと言えますか?

心の底から、自分が生きてきた人生に感謝できていますか?

心の底から、ご両親に感謝できていますか?

 

胸に手を当てて、考えてみてください。

 

 

自己承認ができなければ、共有することは出来ません。

 

不安が先走るからです。

 

 

「これを聴いたら無知だと思われるかな?」

 

「これを報告したら無能だと思われるかな?」

 

「これを伝えたら邪魔していると思われるかな?」

 

「これを言ったらネガティブだと思われるかな?」

 

等々。

 

 

“そう感じていいよね”とお互いが思える環境。

 

感じ方、気づきは違って当たり前だということ。

 

“違い”はあっても“間違い”はないということ。

 

 

是非、相手の気づきや想いを、まずは受け容れてみてください。

 

受け容れられずに反応したことは、是非教えてください。

 

ライフウェイクで因果からの本当の学びを受け取りにいきましょう(^^)

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみに!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事