思考のクセが現在の「生き方」を作っている!「ライフウェイク」で考え方を書き換える方法!


2018/03/31

こんばんは!

Nextmessageです!

 

それぞれの人の数だけ、人生があります。

それぞれの人の数だけ、生き方があります。

 

あなたは、どのような“生き方”をして、

どのような“人生”を歩みたいですか?

 

 

■考え方の「クセ」が自分の壁になっていることもある

 

今あなたが歩んでいる人生は、全てあなた自身が選択をして歩んでいる人生です。

 

あなたのものの見方で世界は見え、

あなたの価値観で判断をし、

あなたの意思で選択をする。

 

では、質問です。

 

①あなたは何を大切に生きていきたいですか?

 

愛情?優しさ?勇気?強さ?希望?美しさ?信頼?自信?理解?

 

なんでしょうか?

 

②また、なぜそれを大切にしたいと思いましたか?

 

ではその次に、

 

③あなたが歩みたい本当の人生とは、どのような人生ですか?

④なぜ、そう思いますか?

 

 

では次に、

⑤今、その人生を歩めていますか?

 

 

⑥なぜ、そう思いますか?

 

 

 

最後に

⑦その在りたい人生を歩んでいる時のあなたは、どのようなあなたになっていますか?

 

 

一体どのような答えになりましたか?(^^)

 

今のあなたとのGAPは一体何なのでしょうか?

なぜ、そのGAPは生まれているのでしょうか?

 

その答えは、ライフウェイクの中に隠れているのです。

 

 

■「ライフウェイク」で自身の考え方を探って行く

 

今、お答えいただいた答えは、

あなたが今まで歩んできた経験を基に、出してくださった答えです。

 

あなたのものの見方で世界は見え、

あなたの価値観で判断をし、

あなたの意思で選択をする。

 

本当に在りたい人生と、今の人生にGAPを感じられている方。

それはなぜだと思いますか?

なぜ、今その在りたい人生ではない人生を歩んでいるのでしょう?

 

 

ここで重要になってくるのが、

ライフウェイクです。

 

今までの人生の中での経験や、出逢った人たちの関りの中で、

あなたの価値観は養われています。

 

なぜ、あなたは歩みたい人生を“それ”だと感じましたか?

そこにはそう思う理由が、あなたの過去に眠っているのです。

 

歩みたい、在りたい人生の動機は一体何でしょう?

 

無いものを満たしていくのか、

在るものを更に増やしていくのか。

 

人それぞれ違います。

 

本当は、どう“在りたい”のでしょう?

 

 

■独自のコーチングプログラムで、思考を書き換えていく!

 

過去の人生の中で、清算できていない事柄。

本当の学びを受け取れないままでいる出来事がある限り、

あなたの中に、偏見であり、縛りは在るのです。

 

“~べきだ”“これはダメだ”“強くなきゃ”“褒められたい”“信じれない”“恐怖”

“空虚感”“罪悪感”“比べる”“自分はダメな奴だ”“自信がない”“疑心”“許せない”

 

様々なネガティブな想いは誰にだってあります。

 

本当のあなた自身の歩みたい、在りたい人生を歩んでいく上で、

1番の壁になるのは、このようなネガティブな思考なのです。

 

なぜ、その思考を持ったのか。

それは、今日初めて持ってモノでもなければ、

生まれた瞬間に持ったものでもありません。

 

いつ、その思考を持ったのでしょう。

そのきっかけとなった出来事は一体何だったのでしょうか?

 

その出来事からの本当の学びを受け取ったときに初めて、

何にも縛られない本当のあなたが決める、歩みたい、在りたい人生を創造することが出来るのです。

 

だからこそ、

ライフウェイクコーチングが重要なのです。

 

ライフウェイクコーチングを行うことで、

自分の人生でネガティブに捉えている出来事の本当の学びを受け取り、

学びを書き換えることにより、

本当のあなたを発見することが出来ます。

 

何にも縛られない、フラットなあなたは、

一体どのような人生を描くでしょうか?(^^)

 

ライフウェイクコーチング、是非試してみてください!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみに!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事