「第六感」が優れている人の特徴とは?


2018/02/26

こんばんは!Nextmessageです!

 

“第六感”と聞いて、どのようなイメージをお持ちですか?(^^)

 

第六感とは、スピリチュアルでも何でもなく、

自分自身の“勘”や“感”や“観”のことなのです。

 

自分自身は今、素直に目の前のこと、起きていることに対して、

素直に何を感じていますか?

 

見ないふり・聞こえないふりのように、

自分自身の感じることに嘘をつくと、カンは鈍っていくのです。

 

では、第六感が優れている方とは一体どのような特徴があるのか、見てみましょう!

 

 

■コミュニケーション能力が高い方は、「第六感」もするどくなる

 

コミュニケーション能力が固い人とは一体どのような人でしょう?

 

相手の話をよく聞く人

相手の気持ちを想像出来る人

相手の心を分かれる人

自分の想いを伝えられる人

等々、特徴が思い浮かんだのではないでしょうか?

 

では、

なぜその人達はコミュニケーション能力が高いのか。

 

それは、

人間に本来備わっている“五感”を素直に感じ、第六感を研ぎ澄ましているからなのです。

 

視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚

素直に感じていますか?

 

見ているけど、見ないふり。

聞こえているけど聞こえないふり。

触れた方がいいことに触れない。

等々。

 

自分が感じたことに“善”も“悪”もありません。

 

しかしなぜか人は、「こう思ったらいけない。」「これを言ったら自分がめんどくさくなるしな。」など、素直に感じない理由を並べ、

“素直に感じる”ことを避けてしまうのです。

 

そうすることで、

本来自分が感じていたことを感じなくする為、

今まで見えていたものや、聞こえていたことが、見えなく、聞こえなくなっていくのです。

 

例えば、自分の都合のよいことしか耳に入らない。など。

 

ただ、コミュニケーションには必ず“相手”が存在します。

相手が一体、本当は何を考えていて、

相手が一体、本当はどう感じていて、

相手が一体、本当は何を望んでいて…。

 

自分のことしか見えなくなると、相手のことを考える余裕がなくなり、

想像すら、わかなくなってしまいますよね。

 

コミュニケーション能力が高い人は、

五感を素直に感じることで、“第六感”がより活用されるのです。

 

素直に見て感じたことを見て、聞いたことを聞き、触れるものに触れ。

 

『一体あなたは何を感じたの?』

 

を大切にしてみてください(^^)

 

第六感であるそれぞれの“カン”が研ぎ澄まされると、

今までよりも、相手の表情、声、仕草に対する気づきはもちろん、

相手への質問や、かける言葉にも変化が起きていきます。

 

気づけなかったものに、気づけるようになるのです。

 

 

■他者を興味深く観察しているので、アンテナを張っている

 

第六感が優れている人は、

五感をよく使って相手と対峙をしているので、相手の変化に気づきやすいのです。

 

「あれ?なんか今日いつもと違うな。声かけてみうかな。」

「あれ?最近よくその言葉使っているな。」

「あれ?なんでそう言ったんだろう?」

「本当は今何を感じているのだろう?」

 

等々。

 

よく他者を観察しているからこそ、少しの変化に気づきます。

だからこそ、

その日相手にかける言葉が変わったり、相手が本当に求めているものを汲むことや、

相手の大切にしている価値観や、相手が何を感じ、何を考えているのかを想像することができるのです。

 

スピリチュアルでも何でもなく、

五感を育み、自分の第六感である感性を信じるからこそ、

想像も、行動もより深く、的確に、進化させることが出来ます!

 

 

■「第六感」はどうすれば鍛えられるのか?

 

五感を素直に感じてみてください。

そして、

「今、何を感じたのか。」を素直にキャッチしてみてください。

 

感じたことに“善”も“悪”もありません。

 

五感を素直に感じることで、第六感は研ぎ澄まされ、養われていきますよ(^^)

 

 

是非、第六感を養い、より豊かな人生をお過ごし下さい!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみ!

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事