潜在能力を呼び覚ます、リミッターはどうやって外せるのか?


2018/01/24

こんばんは!Nextmessageです(^^)

厳しい寒さが続いていますが、皆様暖かい格好をして、

栄養をあるものを食べて、しっかりと睡眠をとって、元気な体と心でお過ごしくださいね(^^)

 

本日は、潜在能力を呼び覚ます、リミッターはどうやって外せるのか?についてです!

 

■大人になるとリミッターが増えて行く…

 

子どもの頃は、良い意味で何も考えず、「やりたい!」と思ったことをやっていました。

 

「うちの親は厳しかったから、やりたいなんて言えませんでした。」

 

という方も中にはいらっしゃいますが、

もっと幼少期に戻ってみたときに、

生まれてすぐはお腹がすくと泣き、おもつを変えて欲しいと泣き、

抱っこしてほしいと泣き。等々、自分の感情に素直だった時は誰にでもあるのです。

 

しかし、様々な経験を通して、

それこそ

“親が厳しかった”

“先生に怒られた”

“友達を傷つけた”

“兄弟友達と比べられた”

“いじめられた”

“両親が離婚した”

“できると思ったのにできなかった”

“失敗した”

などなど、人の分だけ経験があります。

 

その経験を通じる中で、

「これはやらないでおこう。」

「自分の意見は言わないようにしよう。」

「きっと失敗する。」

「自分にはできないしな。」

「あの人はいいな。」

「自分には向いていない。」

「失敗したくないしな。」

 

など、やらない理由を並べることが得意になってしまったのです。

 

 

■リミッターを外すと、潜在能力が開花し、とんでもないことになる?

 

 

やらない理由が自分の中に在る理由があります。

それを手放したときに、

今まで“やらない”“できない”と感じていたものに対して手を伸ばすことが出来るようになるのです。

 

だって、本当は“やりたい”ことなのですから。

 

“やらない”“できない”と決めたのは他の誰でもなく自分自身です。

 

“やりたい”を自分自身が選択した時を想像してみてください。

 

今までやらなかったことに手を伸ばすことにより、

自分の中に眠っていた潜在能力が開花されていくのです。

 

そうすることにより、新たなる“やりたい”が生まれ、動機がどんどんと育まれることにより

人は成長していくのです。

 

■リミッター外しの実践ポイントを3つご紹介します

 

【ポイント①】

“できない理由”には自分自身のメンタルブロックがあるのです。

本当はこうしたいけど…の先に続く言葉なんでしょうか?

 

その言葉に意味があるのです。

 

なぜそう思うのかを一度考えてみてください。

なんで?なんで?なんで?…

 

繰り返し、何度も自分に聞いてあげてみてください。

自分自身の潜在意識が見えてきます。

 

自分のメンタルブロックとなる根本が見えたときに初めて、

リミッターを外すチャンスが訪れるのです。

 

自分自身に眠っている根本は一体なんでしたか?

 

 

【ポイント②】

その根本に感じていることを感じた、

過去の1番古い記憶を思い出してください。

幼少期の頃に恐らくその価値観を持った出来事があります。

 

生まれた瞬間に、その感情は抱いていなかったはずです。

しかし、なにかしらの経験をすることによって、その感情を持ったのです。

 

さて、どんな記憶が出てきましたか?

 

 

【ポイント③】

その記憶では、自分自身がネガティブな感情を抱いた記憶としてインプットされています。

 

その当時の光景を思い浮かべてみてください。

 

なぜ、相手はそう言ったのでしょう?

当時、本当は自分は何を思っていたのでしょう。

当時、本当は自分はどうしたかったのでしょう。

 

当時の自分の立場にちゃんと自分が立ち、

相手のめがねをかけてその物事を見てみる。

 

自分の中に眠っている潜在意識に素直に気付いてあげてください。

 

起きた出来事は出来事にしかすぎません。

 

その出来事から自分が、本当の学びを受け取ることで、

本当の意味でリミッターを外すことが出来るのです。

 

その学びが、自分の知らない、自分の強みなのです。

 

 

是非、試してみてくださいね!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみに☆

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事