自分の器を大きくしたい方、必見!「器」を大きくする方法教えます!


2017/11/09

こんばんは。
本日は瀬戸口よりお届けさせていただきます。

 

今回のテーマは「器」について。
もちろん、食器ではなく“心の器”についてお話させていただきます!

 

 

「器」とは具体的に何なのか?

あなたは、自身の“器”をどう思っていますか?

部下の小さなミスを思いっきり叱ってしまった・・・
些細なことで旦那に八つ当たりしてしまった・・・
約束をドタキャンされてイライラしてしまった・・・

 

「あー、私(俺)って器小さいな~・・・」
なんて思ったこと、誰でも一度や二度はあるのではないでしょうか?

 

“器”というのは目に見えるものではありません。
しかし、先ほどの例のように器が小さいな~と思ったり、
一方で、自分がミスをしたことを笑って許してくれる相手に
「なんて器の大きい人だ!」と思ったりすることもあるように、
心の器の存在を、ヒトは感じることができます。

 

器用や、器量という言葉もあるように、まさに心の器なのでしょう。

私は、器というものは人によって形は違えど、いろんな器があると思っています。

その器に何が入っているのか?

 

心の器には、いろいろな感情や、精神性、徳が入っているのです。

 

例えば、心の器にたくさんの愛情が入っていたなら、
その人は愛情溢れる人になるでしょう。
例えば、心の器にたくさんの憎しみの感情が入っていたなら、
その人は憎しみ続ける人になるでしょう。

 

大切なのは、器の大きさではなく何が入っているのか?なのです。

 

 

「徳」を積むこと

 

もっと幸せになりたい。成長したい。
という気持ちがあるのであれば、「徳」を積むことが大切です。

 

「徳」を積むって、、、
ゴミ拾いをしたり?
ありがとうをたくさんもらえるように行動したり?

 

それも素敵なことですが、
「徳」を積むということは、
自分の器に入っている精神性を磨くことです。

 

不安や焦り、虚栄心などが器を占めているときは、
人はなかなか思うようにパフォーマンスを発揮しません。
安心や誇り、幸せな気持ちなどたくさんの美しい徳で器をいっぱいにしてあげましょう。

 

見えない陰の行動が自身の器を大きくさせる

 

あなたの行動を起こさせる原点のすべては、
目には見えない動機(心の器の中)にあります。

 

あなたの器が、
小さくなっているとき、
そのほとんどは自分の器に入っているものが
偏った物事の見方をつくり出してしまっているときです。

 

不安で器がいっぱいのとき、
そんなときは些細なことでも不安に感じてしまったり、

 

虚栄心でいっぱいのとき、
そんなときはイライラするような出来事が目の前にとくさん訪れるのです。

 

目には見えない心の“器”ですが、
心の中で感じていること、どんなものが入っているか?

 

それは、あなた自身が感じることができるものです。
“器”の中身(内側の心の声)に耳を傾け、

 

徳を積んでいくことで、世界はより輝きはじめます!

お読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事