退職理由の「ホンネ」と「タテマエ」考えたい離職率ダウン対策


2017/09/21

こんばんは!

本日は瀬戸口よりブログをお送りさせていただきます。

 

皆様は、会社を“退職する”という経験をしたことがありますか?

「転職の経験はありますか?」と街で聞くと、

5人に1人は転職の経験がある近年。

 

転職経験者の話を聞くと、自分はどうだろうか?と、

考えてしまいますよね。

企業からすると、人が辞めてしまうことは大きな痛手となることも多くあるでしょう。

 

今日はそんな「退職理由」について考えてみたいと思います。

 

退職理由の「タテマエ」5選

 

会社を退職しようと思った時に、会社にどう伝えるのか?

というと、実はホンネではなく、

タテマエを伝えるということが大多数です。

では、退職理由にはどんな『タテマエ』があるのでしょうか?

 

・家庭の事情

・体調不良

・仕事内容が合わない

・キャリアアップ

・社風や風土が合わなかった

 

家庭の事情や、体調不良は、

相手が踏み込みにくい部分でもあり、

退職理由として会社に伝えることが多いものです。

 

参考:

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3191.html(エンジャパンより)

https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/4982/(リクナビNEXTより)

 

 

 

退職理由の「ホンネ」5選

 

では、一方退職理由の『ホンネ』。

どういったものが多いのでしょうか?

 

・人間関係が悪かった

・評価への不満

・給与への不満

・休日出勤など拘束時間への不満

・社風や風土が合わなかった

 

実際のところは、人間関係や評価への不満といった理由が

退職理由のホンネになっています。

 

なぜ社員は「ホンネ」ではなく「タテマエ」を述べ、

会社を去っていくのでしょうか?

 

それは波風を立てずに円満退社したい。ということを望んでいるからです。

 

 

参考:

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3191.html(エンジャパンより)

https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/4982/(リクナビNEXTより)

 

 

様々な状況に合わせて「離職率」をダウンの対策を

 

離職率を下げる対策を考えたときに、

大切なのは・・・

社員の「ホンネ」に気づき、手を打てているか?ということです。

 

それは、給与を上げることや、

休日を増やすということではありません。

 

給与や休日に関しての不満が出る多くの場合は、

 

なんであの人より私の評価が低いの?

これだけ頑張っているのにこれ以上成長できるイメージがもてない・・・

 

という【不公平さ】を感じるところからきています。

 

不満を持っている社員の「ホンネ」に目を向け、

「ホンネ」に隠れている一人ひとり奥底の気持ちに目を向けてみてください。

そこには、退職したい不満の中に「本当はもっと頑張りたい」や、

「成長していきたい」という気持ちが隠れています。

 

退職したいと悩む社員の声には、

会社と社員とWIN-WINを築いていくためのヒントがたくさんあります(^^)

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました!

 

こちらの記事は 瀬戸口 梨夏 が担当しました!
(プロフィールは こちら 
お読みいただきありがとうございました!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事