優秀なリーダーは、積極的に自己承認をしている?


2017/09/09

こんにちは!

土曜のお昼、いかがお過ごしでしょうか?

本日は、瀬戸口よりブログをお送りさせていただきます!

 

皆様は“優秀なリーダー”というとどのようなイメージを持たれますか?

仕事ができる人?

率先して何事も動いている人?

的確な指示を出してくれる人?

よく話を聞いてくれる人?

 

いろいろなリーダー像があると思いますが、

優秀なリーダーと言われる人は、「自己承認」をしている人がとても多いのです。

 

「自己承認」の定義とは?

 

では、自己承認とは何でしょうか?

なんとなくイメージが湧くような方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

私たちは“自己承認”を一言で表すと、

「自分はなんて幸せな人生なんだ!」と心から湧き上がる感謝と共に思えること。

 

そして、「自分のことが好きですか?」という質問に、

Yes!と言えることです(^^)

 

自己を承認するということは、

すなわち、自分の人生を承認し、愛することです。

人生を心から愛することが出来てこそ、自分の周りにいる人をまた愛することができていくのです。

 

つまり、優秀なリーダーは、

自分の人生を承認し、そして周りの人や自分の身の回りで起きるすべてのできごとを受け入れ、関わっているのです。

 

 

 

承認の3ステップ

 

自己承認には、

①自己発見

②自己理解

③自己共感

という3つのステップがあります。

 

例えば、

部下のハッキリしない態度にイライラしたことはありませんか?

何が言いたいんだ!

こいつに考えはないのか!

 

などなど、イライラしたときに心の中(内面)で思っていることは

人によって様々あるでしょう。

 

イライラしないようにしないと・・・!と、努力しても

これは本質的な解決にはなりません。

 

大切なのは、『なぜイライラするのか?』ということです。

実は、部下がハッキリしない!という事象を通して、

自分自身の内面が反応しているのです。

 

なぜ?なぜ?と理由を掘り下げていくと、

潜在的に抱いている思考が見えてきます。

この思考を自覚することが、『自己発見』です。

 

そして、思考を発見すると、

思考はほとんどが過去に抱いた瞬間があります。

いつからその思考を持ったのか?

これが『自己理解』です。

 

思考を抱くことに善悪をつけずに、

自分の中に存在する思考を受け入れましょう。

それが『自己共感』です。

 

小さなことから、自己承認を続けていく

 

自己承認は決して難しいものではありません。

大切なのは、承認する“勇気”です。

 

自分の中にある価値観や思考に、バツをつけずに、

どんな価値観でも受け入れていきましょう。

 

かっこ悪い姿を見せたくないな~。

出来る姿を見せないと部下が真似してしまう!

めんどくさがったらダメだ!

 

自分の中に在るものに自らがバツをつけてしまうと、

相手にも同じようにバツをつけてしまいます。

 

かっこ悪い自分でも良い。自分を愛してあげましょう。

出来ない自分を見せても良い。部下は失敗から学んでくれます。

めんどくさい時があってもいい。自分を癒してまた頑張ろう。

 

自分を愛することで、あなたの器は広がっていきます。

ぜひ、小さなことから自己承認を続けてみてください(^^)

 

こちらの記事は 瀬戸口 梨夏 が担当しました!
(プロフィールは こちら 
お読みいただきありがとうございました!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事