そのエゴが、ブラック企業の始まり…今後考えるべき経営者の意識


2017/08/08

こんにちは!
本日は、瀬戸口よりお送りさせていただきます(^^)
間もなく、お盆ですね。
長期休暇に入る方も多いのではないでしょうか?

ボーナスが出て、長期休暇に入り、
地元に戻りあれこれ話していると、
「え、そんなに働いてるの?」「ブラックなんじゃない?」
なんて会話も。
不思議なものでそれまでブラックだと思っていなくても、
周りに言われると「そうかも…」と思い始める。

 

この季節は「仕事辞めたいな~」なんていう感情も芽生えやすい時期・・・。
ちなみに、私も新卒1年目の頃は、
ホームシックも重なり九州(実家)に帰りたい!と思った覚えがあります。笑

 

 

ブラック企業とは、そもそも何なのか?

 

 

今や当然のように耳にする『ブラック企業』。
そもそもブラック企業とは、
広義の意味では反社会的勢力と繋がっている企業 というのもありますが、
一般的には、長時間労働や、サービス残業の多い労働環境である企業を指します。

 

しかし、同じような労働環境下であっても、
ブラック企業だ!と言われる会社と、そうではない会社。
同じ会社の中でも、ブラックだ!と言い辞めていく社員と、楽しそうに働く社員。

人が“ブラックを感じる”この差は何なのでしょうか?
実は、ここには『経営者のエゴ』が要因していることがほとんどなのです。

 

 

経営者のエゴとは?

 

 

エゴは、『経営者のモノの見方』から出てきます。
まず前提に、経営者は、会社を経営していく上で、
人・モノ・金・情報 の4つの経営資源をもち、
日々変わりゆく社会の変化や会社全体のことを考えているのです。

 

その一方、社員は、
営業や、生産、経理や事務 又は育成 等々・・・
それぞれの役割に基づき日々の業務に取り組んでいます。

経営者は、会社全体を見ている分
経営に対しての“危機意識”は手に取るように見えます。

 

しかし、ふと現場を見ると、
・営業の準備が甘い
・作業の段取りが悪い
・納期が守れていない
・文句ばかり言う事務員 etc・・・

 

その様子を見た経営者は、
「こいつら、顧客のこと考えてんのか!」
「会社のことなんかこれっぽっちも考えちゃいない!」
と、怒りを感じたり、悲しい気持ちになったり、、、

そして、「お前ら!」と口を出してしまうのです。
これが経営者のエゴです。

 

エゴは、
「もっとこうやれ!」
「なんでできないんだ!」等々
次第に押し付けになっていきます。
押し付けられていることを感じた社員は、
だんだんと、心が疲弊していきます。
それが、それがだんだんと労働時間への不満や

賃金の不満へと変わっていきます。

不満が溜まれば、生産性も落ち、
ますます疲弊していきます。
そして思うようになるのです。
「うちの会社はブラックだ。」と。

 

 

いま、どのような企業が成長をしているのか?

 

人間誰しも、
感情的になり、エゴ(押しつけ)になってしまうことはあります。

ですがエゴは、そこに強い愛情が込められていることもあり、
必ずしも全員にとって悪いものでもありません。
強いエネルギーであることもあるのです。

 

しかし、
あなたがよりたくさんの人を活かし、Win-Winの関係のもと、
より豊かで幸せな人生を送っていきたいと願うのであれば、
エゴを捨てる必要が出てきます。

エゴをつくり出すのは、
これまでの人生経験(過去)にあります。
これを捨てるには、過去を自らクリアにしていくことです。

人生を振り返り、なぜエゴを持ったのだろうか?
いや、持たなければならなかったのだろうか?

 

自覚をしていくことで、押し付けるのではなく、
自身を認め、そして互いを認め合うことができるようになります。

成長する企業は、
自分自身を内観しています。
過去を承認し、学ぶことでより豊かな未来を出現させることができます!

 

内観って?と、
もっと知りたくなった方はぜひこちらのブログをお読みください!
定期的に内観しなさいvol.1
定期的に内観しなさいvol.2
定期的に内観しなさいvol.3

 

こちらの記事は 瀬戸口 梨夏 が担当しました!
(プロフィールは こちら
お読みいただきありがとうございました!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事