コーチングを学ぶ目的とは?


2017/07/19

 

こんばんは!

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

本日は、瀬戸口より

我々NextMessageの事業である“コーチング”についてお話させていただきます。

 

コーチングの基本とは?

 

 

まず、そもそもコーチングとはなんでしょうか?

 

コーチング(coaching)

人材開発の技法の1つ。 対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。 相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。 (Wikipediaより)

 

私達は、コーチングによって、

内面の意思を引き出し、“自分自身”が「どうしたいか?」「どう在りたいか?」。

組織であれば、“我々は”「どうしたいか?」「どう在りたいか?」。

自らの意思の真実を引き出すということを大切にしております。

 

コーチングは、答えがあるものではありません。

大切なのは、『在りたい自己』を問う事。

 

一方で、『在りたい自己』が見えてこないときもあります。

では、今の自分自身が『なんで行動しているのか?』ということを問う事。

 

ここに、『在りたい自己』のヒントが隠れています。

 

 

 

 

 

コーチングでどのようなスキルが磨かれるか?

 

そもそも、あなたはどんなスキルを磨いていきたいと考えているでしょうか?

 

マネジメントスキル?

営業スキル?

文章を書くスキル?

曲をつくるスキル?

対人のコミュニケーションスキル?

もしかして、うまくサボるスキル・・・?

 

 

自分が、「どう在りたいか?」によって、

それぞれ身に付けるスキルは変わっていきます。

 

どんなスキルを磨いていくにしても、

前提で大切なのは、自身の「在りたい」なのです。

 

コーチングを学ぶとどのような場面で活かされるか?

 

最後に、コーチングはどのような場面で活かされるでしょうか?

まずは、「在りたい」が明確になることでこれからの進む道が見え、

日々の仕事でのパフォーマンスが上がっていくでしょう。

 

また、

家族への「在りたい」

人生の「在りたい」

社会への「在りたい」・・・

など様々な「在りたい」が見えてくると、

仕事を問わずどんな場面でも活かされるようになるでしょう。

 

 

そして何より、

コーチング技術は、人材育成にあたるマネジメントにおいて力を発揮すると考えます。

知識やスキルを教えることは、そんなに難しいものではありません。

 

その人の「在りたい」を問い、人生を通じた育成をする。

ここに、永続的な人の真の成長があるのではないでしょうか。

 

 

こちらの記事は 瀬戸口 梨夏 が担当しました!

(プロフィールは こちら )

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事