成長企業に学ぶ。人を活かす人材育成術


2017/06/21

こんばんは!

本日は小林より、成長企業に学ぶ。人を活かす人材育成術というテーマでお送りします。

 

■成長している企業の共通点とは

 

成長している企業の共通点とは何か・・・?

 

ズバリ!成長している企業は「目には見えないモノ」

を大切にしています。

人の動機や精神性。これらは目には見えませんが、

成長している企業は特にこういった「目には見えないモノ」大切にしています。

 

社内に

・目に見えるよう社内にルールを作って

・目に見える誰もが分かる明瞭な人事評価制度を作って

・目に見えるように目標数字を掲げる

 

こういった目に見える取り組みも

もちろん大切な事だと思います。

ただ成長企業はそのさらに奥にある目には見えない領域を大切にしているのです。

 

例えば・・・・

今社内に在る目に見えるルールは、

どんな歴史の中で誰がどんな思いでいつ作ったのだろう?

今社内にある人事評価制度は、

いつ誰がどんな決断の背景で、どの様な想いを込めて作ったのだろう?

今デスクにある目の前のPCも、どんな想いで購入されたモノなのか?

PC一つを買うもお金が必要。

お金が動くという事は人がそこには動いている、その先には人の心が動いている。

その人の先には大切な家族もいて・・・。

こうやって目に見えるモノの奥に心を宿していくと、

また違った感情や感じ方が生まれてきませんか?

 

目には見えないモノ・精神性にまで心を宿せる企業は、

目に見える事ばかりに振り回されません。

目に見えない領域にこそ大切にしています。

人の熱意、モチベーション、やる気、内面性、幸福感、

全て目には見えません。ですが、こういった目に見えないモノが、

実は企業を成長させる「源」になっているのです。

 

 

■成長する企業のビジョンとは?

 

成長する企業のビジョンとは、

一言で言えば、

“~であるべき”というエゴではなく、

“純粋にこう在りたい”という想いが言葉になっています。

 

そして何よりも大切なのは、

ビジョンを描く人達の内面性だと我々は考えています。

例えばビジョンは幹部陣で策定する企業が多いかと思いますが、

成長企業の幹部陣は“幸福度”が非常に高いです。

一方、成長が鈍化する企業の幹部陣は“幸福度”が低いと言う傾向があります。

 

・私の人生は満たされています。そして自分の事が好きです。

という内面性の幹部が集まるチームA

 

 

・私は満たされていません。そして自分の事が好きとは言えない。

という内面性の幹部が集まるチームB

 

この二つ幹部チームが同時に、

3年後のビジョンを描こう!となった場合、

どちらのチームが“純粋にこう在りたい”と言う想い

が溢れ出ていそうですか?少し想像してみて下さい。

 

・今満たされていない人?

・今満たされている人?

 

『どんな内面性の人が描いたビジョンなのか?』

 

これだけで、

実は策定されたビジョンから出てくるエネルギーは変わってくるのです。

前述もさせて頂いておりますが、

目に見えないモノ・人の内面性や精神性は、

企業におけるビジョンの策定・浸透にまで影響を与えていきます。

 

■成長企業に学ぶ、これから必要な人材育成とは

 

ここまで書かせて頂きましたが、

これから必要な人材育成とは、

正に目には見えない

人の“動機を育てる”育てることです。

 

我々は、

人が成長するに辺り、

 

・動機

・知識

・スキル

 

この三つの要素が大切だと考えています。

もちろん目に見える、

知識の習得やスキルを身につける事もとても大切です。

 

ただ、

人の継続的な成長に不可欠なのが目には見えない“動機の成長”です。 

人の動機は目には見えません。

 

どんな動機を持ち、どんな事を感じて働いているのか?

目には見えないからこそ、

このスタッフ一人一人の動機を育てて行くことは困難に思われるも知れません。

しかし安心して下さい。

 

スタッフの動機を育てる事は、自分自身の動機を育てる事から始まるのです。

まず自分自身が、

 

①どんな自分で在りたいのか?動機を明確にする

⇒歩んできた自分の人生に必ずヒントがあります。

②自己理解を深める

⇒在りたい自分で居られる時、いられない時を理解する。

③自己承認、自己肯定を深め続ける

⇒精進する中で精神性を育んでいく

(※自己承認と自己肯定はこちら

 

こうした自分自身への理解・継続的な精進の中で、相手への共感性も高まり、

動機を育み合い、目には見えないモノを大切にする組織風土が創られていきます。

 

つまり人材育成は、

まず自分自身が目には見えないモノに心を向け、

自らの動機を育てて行く事から始まります。

 

目には見えない動機を育てていく。

ぜひ、【育成とは、自分自身の動機を育てる事から】

という視点を心にスタッフの方々の人材育成に取り組んで頂ければと思います!

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました!

 

 

こちらの記事は 小林 龍哉 が担当しました!

(プロフィールはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事