経営者注目!「管理職研修」にコーチングを取り入れると何が起こる?


2017/04/06

こんにちは!

本日が小林がお送りさせて頂きます。

 

■話題のコーチング、どんな業界で取り組まれているのか?

昨今コーチングは通信・ITから製薬、アミューズメント業界まで様々な企業でも導入が進められています。

また、研修の形も一般社員層に向けた合宿集合型の研修から、

管理職に特化したエグゼクティブコーチングまで、

企業の様々なニーズに応じたゴーチングサービスも広がり始めています。

 

 

■管理職研修にコーチングを取り入れる効果とは・・・

企業へのコーチング導入において、

最も多いニーズが“管理職育成”への活用です。

読者の皆様もここは何となくイメージと合致する点ではないでしょうか?

管理職育成に対して、コーチングが有効な理由は大きくは2つあります。

 

1、教わるより気付く事による育成効果

管理職のとなると当然ながら過去の実績・社内外への成果をもたらした背景があります。

そして、企業側としても今後更にステップアップし会社を牽引して欲しいと期待があるかと思います。

こういった中で管理職の更なる成長を阻む、

一つ弊害があります。

それが、

 

 

“過去の成功体験”

 

 

なのです。

もちろんそれはそれで、

過去に築いてきた紛れも無い実績なのですが、

それに固執してしまう時、過去に築いてきた実績が、

管理職自身の更なる成長を妨げる弊害になってしまう場合があるのです。

(※あくまでも傾向として)

 

 

「自分はこのやり方で実績を作ってきた」

 

「ああ、それならもう経験済み。知ってるよ」

 

「自分のやり方が、1番結果が出てるんだ」

 

 

過去の成功体験への固執は、

上記のように他の意見を受け入れにくい姿勢を作り出します。

こうなると、

他者の意見・教えを素直に受け入れられない。

結果、同僚や部下からは、

 

 

「何言っても聞かない人」

 

 

という印象が強くなり、チームにも影響が出てきます。

成功体験があるが故に起こる弊害。

こういった点を考慮すると、

管理職には何かを教えるという“ティーチング”のアプローチよりも、

自分自身の中にある動機に目を向け、

自身に気付きを得ていく“コーチング”のアプローチの方が受け入れやすく、

管理職の成長に対し、効果的に働く場合が圧倒的にが多いのです。

 

 

2、企業の育成文化の形成に繋がる効果

管理職の方とお話をさせて頂くと、スキル・知識面での悩みよりも、

やはり傾向といて多いのは、部下のマネジメントに関する事です。

つまり部下に反応をする自分自身の“動機”の部分です。

 

そして、

そこには我々NextMessageが推奨させて頂いている、

 

「相手は自分自身の鏡」

「目の前の光景は全て自分自身が創り出している」

「必然思考」

 

という概念があります。

自分自身の見方が変わる事で、目の前の部下が変わる。

自分が変わるから相手が変わる。目の前の光景も変わって行く。

そういった企業文化の中で育った部下は、

いずれ上司になり自分が“人を育成する側”になっていきます。そして同じように、

自分自身の動機に目を向け、目の前の部下を向き合っていく。

 

 

企業にこういった育成文化を醸成していこうとした時、

やはりマネジメント側の管理職からコーチングを導入していく事で、

企業に根付く育成文化形成のスピードは確実に速まります。

上司の変化・成長は驚くほど、部下の変化・成長に繋がるからです。

まず自らの動機を見つめ、目の前のメンバーと向き合う管理職が増えて行く程に、

企業には育成文化が根付いていきます。

 

 

■今後の「コーチング」の可能性

近年では企業経営者、エグゼクティブ層に少しずつ広がりを見せるコ-チングですが、

今後は教育現場での活用という点でも広がりを見せ始めています。

 

子ども一人一人の個性や可能性を引き出し、いかに発揮する支援できるか?

子ども達と向き合う姿勢、対話方法等、

子どもの育成に携わる教員を育てていく手法の一つとして、

教育現場でも注目され始めています。

 

人の記憶は1%。

人は行動の多くを決めているのは“潜在意識”である。

自分自身だけで自分を知り自覚する難しさ。

自覚した先に成長実感がある事。

 

こういった人間の特性も考えると、

自分自身の中の無意識や無自覚に目を向け、

“私の中にある幸せ”を引き出していくコーチングは、

企業・教育現場・地域コミュニティ等、

今後更に様々な場所で活用されていきそうですね!(^^

 

我々も引き続き深めて続けて参ります。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

ブログバナー

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事