なぜ「働き方改革」が進んでいるのか?その理由と、見込める効果


2017/03/28

こんにちは!本日は小幡から「働き方改革」についてお送りさせて頂きます。

皆さまは「働き方改革」にどんなイメージをお持ちでしょうか?

また、どんな取り組みをされていますでしょうか?

 

本日は我々NextMessageの取り組みのご紹介と共に、「働き方改革」について書いてみたいと思います。

 

「働き方改革」の概要

 

働き方改革とは、端的にいうと日本の企業の在り方や暮らし方の文化をより良くしていこう!というものです。 老若男女、一人ひとりにあった、それぞれにとっての最善の働き方を実現する為に進められております。

 

そのために、労働者の心身の健康、仕事と暮らしの調和、女性活躍推進等の観点から、企業において所定外労働時間の削減、有給休暇の取得促進など長時間労働を始めとする雇用管理を見直す取り組みが、働き方改革です。

 

 

国として「働き方改革」を進めている理由

 

日本の人口が減少の一途を辿る中で、1億総活躍社会!とはいうものの、女性が活躍するならこれまでのような長時間労働は難しいし、そもそも男性であっても長時間労働により結果的に生産性が落ちる、かつ、子育てのお手伝いも出来ない。から女性は尚更出産、子育てに対して億劫になるし、だからそこ人口が減っていくし、だから少ない人数で頑張ろう!っていうけどそうすると・・・・・

 

という、ネガティブなスパイラルから抜け出し、みんなでもっとイキイキ楽しく働き、子どももたくさん産んで、生めるような社会をつくって、みんなでもっと幸せな人生を主体的に築いていこう!という背景で進められております。

 

 

自社で取り組める「職場づくり」

 

そこでまず弊社NextMessageが実行した取り組みのひとつが「定時の廃止」です。

何時に出社しても良し。何時に退社しても良し。それぞれの裁量にお任せする、というスタイルです。

 

それまで習慣としていた「朝礼」や「朝の業務共有」も同時になくなり、「用意された顔合わせの場」はなくなるわけですから、社員1人ひとりの主体性が問われます。

 

自ら情報を共有する。自ら情報を取りにいく。これは、「発信する勇気」や「相手への興味」が試されますが、我々は「人が育みあい、輝ける社会を創造する」という理念を掲げて日々活動させて頂いておりますので、取り組みとしては理念ともマッチして、主体性を育みあえる、かつ、個人の幸福度があがる、というとても良いものになりました。

 

個人の幸福度があがるという部分においては「社員それぞれからの声」という非常にアナログなエビデンスですが、私自身、そうだと感じております。

なぜなら、個人が自分の人生を設計し、その人生と仕事を繋げる習慣となったからです。

 

今日何時に退社する、明日何時に出社する、も、人生の選択です。

あれもしたい、これもしたい、から、全部やろう!じゃあ、どうする?こんな思考の習慣が、「定時廃止」によってついてきたのではないかと思います。

 

 

これは弊社の一例ではありますが、自社で取り組める「職場づくり」としてはまず「引き算」をオススメします。

 

 

今あるものをひとつひとつ「引き算」した時、皆さまはどんな「想像」をされますでしょうか?

 

その「想像」は自分の内面性が創り出しております。

 

もし、「引き算」をしたときに「ポジティブ」な想像がされればまずはやってみる!

「ネガティブ」な想像がされた時は、なぜ自分がその想像をしてしまうのか、を「なぜ」と深堀してみると、そこにはご自身の「過去」の「経験」や「姿勢」が出てくるはずです。

 

想像は、70%が自分の積み上げてきた「姿勢」で形成されます。

 

ここを我々は「クリアリング」(クリアリングについてはこちら!)ことで、まずは“私”がスッキリし、“私たち”の最善を選択することをオススメしております。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

それぞれの“働く”がもっと輝きますように。

 

ブログバナー

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社NextMessage
http://nextmessage.co.jp/
住所:東京オフィス/〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル102
大阪オフィス/530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階
TEL:03-5937-6390
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事